イニエスタの妙技に対戦相手もお手上げ!広島のロッカールームで話題になったのは…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年08月16日

「あれはもう、イニエスタを褒めます」

イニエスタの対応をした野上が失点シーンを振り返った。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ22節]神戸1-1広島/8月15日/ノエビアスタジアム神戸

 野上結貴は清々しい表情で、お手上げの様子だった。

 アウェーで迎えた22節の神戸戦、15分にパトリックのゴールで先制するも、わずか2分後にアンドレス・イニエスタに同点にされた。強烈なシュートを決められたその時、最後に対応していたのはCBの野上だった。

「あれはもう、イニエスタを褒めます」

 諦めた口調で野上はそう言った。失点シーンを振り返ると、最初のプレスに川辺駿が行くもかわされ、中央に切り込んだイニエスタに背番号2が寄せている。ただ、わずかにタイミングをずらされたこともあって、報道陣から「対応が遅れたのか?」と質問が飛んだ。

「いや、出るタイミングはバッチリだし、あのシュート、あそこに打てるイニエスタ選手を褒めます。僕も最後に身体を触っているんですけど、あそこに打てるのはなかなか、経験していなかったこと。みんなともロッカーで言っていたけど、あんなに上に打てるのはなかなかないと話していました」
 たしかに、野上はタイミングをずらされても懸命に食らいつき、シュートに足を伸ばしている。自らの対応を「バッチリ」と自負しながらも、失点をしてしまったのは、経験してきた領域を超える一発だったからだ。ロッカールームではチームメイトも、野上が適切なディフェンスをしても、左上の絶妙なコースにシュートを飛ばしたイニエスタに驚いたという。

 そのため、野上は失点に対して割り切っていた。

「褒めるしかない。毎回、言っていますけど、相手のスーパーなゴールはしょうがない。ただ、今シーズンは最低1失点に抑えることを掲げてやってきたので、それができたのは役割を果たせたと思う」

 失点を除けば、野上は対人プレーで強さを発揮し、とりわけ「楽しかった」と言うウェリントンとのマッチアップでは互角以上の戦いを見せていた。

 好パフォーマンスを披露しただけに、被弾したワンシーンはある意味で貴重な経験だっただろう。この失点を糧に、野上のさらなる成長に期待したい。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ