【横浜】いつまで理想を追い求めるつもりなのか? その“葛藤”に圧し潰されれば――

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年08月03日

現状は上手くいっているとは言えない

8月最初のゲームとなったホーム広島戦は1-4の敗戦。これで中断開け以降の3試合で計11失点。守備の立て直しが急務だ。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ19節]横浜1-4広島/8月1日/ニッパツ
 
 主体的にボールを動かし、ポゼッション重視の攻撃的なサッカーで勝利を目指す。必然的にチームの重心は高くなる。前への迫力を出せる一方、最終ラインの背後にはスペースが生まれるリスキーなスタイルでもある。
 
 志は高い。「今年の横浜は面白い」という声も少なくない。喜田拓也は「二兎を追っている」と語る。
 
『堅守』が伝統の横浜は今季、アンジェ・ポステコグルー監督の下、大胆なモデルチェンジに踏み切った。ただ、現状はうまくいっているとは言えない。ルヴァンカップでは8強入りを果たしたものの、リーグ戦では18試合を終え、勝点20の13位と低迷。仙台相手に8-2と完勝する試合もあれば、FC東京に2-5と大敗を喫するゲームもある。安定感とはほど遠い戦いぶりで、もがき苦しんでいる。
 
 首位広島に1-4の完敗を喫した8月1日の時点で、総得点34はリーグトップの数字だ。攻撃サッカーは一定の成果を叩き出している。ただその代償として、総失点35もリーグ最多を記録する。
 
 5勝5分8敗と黒星が先行しているだけに、攻撃面で多少の威力半減に目をつむっても、失点が減るように守備に力を入れ、まずは五分の成績にもっていくのも手だ。だが指揮官にその考えは、まったくないようだ。
 
 広島戦後の監督記者会見で、失点する時間帯の戦い方の修正には言及しつつも、ポステコグルー監督はきっぱりと言った。
 
「全体を通しての自分の指導、やり方とか戦い方は変えるつもりはありません。ディフェンシブになるということはありません。今のサッカーを、より極めていって、責任は常に自分にあるので、その中で修正していきたい」
 
 一歩も引く気はない。中途半端に勝点を拾いに行くような真似はしないということだ。

【PHOTO】世界有数のスーパーカーがずらり! C・ロナウドの「愛車コレクション」を一挙公開!
【関連記事】
【横浜】PK直前にGK飯倉大樹がパトリックに歩み寄り…「片言の英語で」なんと言った?
【J1採点&寸評】横浜1-4広島|2得点のパトリックは守備でも健闘。4失点の横浜守備陣は厳しく採点
「何回行ってもスルーパスが来なかった」F・トーレスも嘆く鳥栖の惨状
「間違いなく日本で一番厄介」小野裕二が恐れおののく鳥栖のチームメイトは?
鹿島を襲う"駒不足"と"過密日程"…大岩剛監督に現状を乗り切る算段はあるのか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ