FC東京U-18戦で2発!柏U-18の注目ストライカーはトップ昇格を掴めるのか?

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年07月17日

昨年もレギュラーとしてピッチに立っていた森だったが…

FC東京U-18戦で2得点と結果を残した森。今季はゴールに向かう迫力も増し、決定力も見違えるほどアップした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 高円宮杯JFA U-18プレミアリーグEAST・9節、9位・FC東京U-18と6位・柏U-18の一戦。互いに今季は苦しんでおり、思うように勝点を積み上げられていない。ともに勝利が欲しいなかで、勝点3を掴んだのは柏U-18だった。アウェーながら、前半から攻撃陣が爆発。開始7分で2点を奪うと、さらに前半のうちに1点を奪う。最後まで攻撃力は衰えず、終わってみれば6-1というスコアで凱歌を挙げた。
 
 昨季のプレミアリーグ覇者を相手に6得点の快勝。この試合で持てる才能を如何なく発揮し、柏に勝利をもたらした選手がいる。ストライカーの森海渡(3年)だ。
 
 182センチと体格に恵まれているが、最大の武器は相手の背後に抜け出すスピードとシュートセンス。FC東京戦でも一瞬の速さでDFを手玉に取ると、何度も敵陣へ切り込んでゴールに迫った。

 FC東京戦ではチームの3点目と4点目を奪取。自身の1点目ではこぼれ球にしっかりと反応し、2点目は相手の背後を上手く取って右足のアウトサイドで冷静にゴールへ流し込んだ。

 得点感覚は一級品。スピードも申し分なく、森はクラブからも大きな期待を寄せられている。昨季も下級生ながら、レギュラーとして起用された点からも、それは見て取れる。

 ただ、昨季から結果を残せていたわけではなく、開幕戦で2ゴールを奪うも終わってみれば17試合に出場して4得点。「2年生の頃から試合に出させてもらい、アピールする場があったことは嬉しかった。でも、結果を残せず悔しかった」と本人が言うように、不完全燃焼のままシーズンを終えた。

高校サッカーダイジェスト 夏号『インターハイ選手名鑑』が絶賛発売中!

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ