• トップ
  • ニュース一覧
  • 批判に晒されてきたポグバはいかにして、異色のリーダーへと大変身を遂げたのか【ロシアW杯】

批判に晒されてきたポグバはいかにして、異色のリーダーへと大変身を遂げたのか【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2018年07月15日

レ・ブルーを人間の身体にたとえると頭脳は誰?

この4年間は会見場にさえ姿を現わさなかったポグバ。快進撃を続けるレ・ブルーにあって、かつての問題児はその中心軸に腰を据え、熱いメッセージを送り続けている。(C)Getty Images

画像を見る

 世紀のワールドカップ決勝を迎えるレ・ブルー(フランス代表の愛称)で、大きく変貌を遂げた選手たちが話題を集めている。アントワーヌ・グリエーズマン、ラファエル・ヴァランヌ、そしてポール・ポグバの3人だ。
 
 4年前のグリエーズマンは、ドイツに屈して涙に暮れるフレッシュな新人にすぎなかった。ファイナルまで進出してポルトガルに敗れた2年前のEURO2016では得点王と大会MVPに輝くも、「リーダーには興味がない」と繰り返してきた。SNSに凝りすぎて批判を受け、キリアン・エムバペの急台頭をどう消化するかも注目の的だった。

 
 ところがどうだ。今大会でグリエーズマンは、異色のリーダーへと大変身。煌びやかな脚光はエムバペに譲り、自身は「陰の仕事人」として振る舞い、断固フォア・ザ・チームに徹しているのだ。言わば「アトレティコ・マドリー流」を定着させたのである。そういえばエムバペも、「レ・ブルーを人間の身体にたとえると頭脳は誰?」と訊かれ、「グリエーズマン」と答えた。
 
 
 ヴァランヌも同様だ。4年前は大事な場面で競り負けて失点を招き、ドイツに敗れた。2年前は開幕寸前の怪我により、EURO出場をフイにした。その後もヴァランヌは「デュエルでヤワすぎ」「レアル・マドリーでは隣にセルヒオ・ラモスがいるから活躍できている」「リーダーにはなり切れない」など、なにかと批判を浴びてきた。
 
 ところが今大会でのヴァランヌも、知的で強靭なリーダーに大変身。記者会見の語り口は非のうちどころがなく、「平静さを醸し出しながら的確な言葉を発する。これが大事なリーダーシップなんだと、(ジネディーヌ・)ジダンの言動を見て確信した」と言い切る。ピッチ上でも的確にピンチの芽を摘み取る奮迅の働きぶりで、いまや「ヴァランヌが隣にいるからラモスが活躍していたのかも!」と言わしめるほどだ。
 
 それでも、もっともスペクタクルに変身したのは、ポグバだろう。
 
 若くして「バロンドールになる」と大口を叩き、ソーシャルネット上でもピッチ上でも派手なパフォーマンスにこだわり、レ・ブルーでは批判が尽きなかった。そんなメディアに反発して、4年間に渡っていっさい記者会見に姿を現わさなかった。もうお分かりだろう。そんなポグバも、異色のリーダーへと大変身を遂げたのである。
【関連記事】
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
「ポルノ映画のような喘ぎ声が…」ポグバが美人歌手との“愛のプレイ”を暴かれる
バルサが「ポグバ&カンテ」のダブル獲りに本腰か。大物代理人ライオラが現地入りとも
ワールドクラスの美女揃い! W杯出場選手の「美人パートナー」たちは必見だ!
わずか3年で無名から世界的名手に!“陰の男”カンテがW杯デビュー戦で見せた凄み

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ