ストイコビッチ独占インタビュー 「日本代表の監督には非常に興味がある」

カテゴリ:日本代表

ウラジミール・ノバク

2014年06月29日

3試合で勝点1に終わったチームに良かった点は…。

 現役時代はユーゴスラビア代表としてワールドカップに二度出場し、引退後は監督として名古屋グランパスをJリーグ王者に導くなど、日本で実績を築き上げたドラガン・ストイコビッチは、いわゆる「世界」と「日本」を熟知するサッカー人だ。
 
 そんな「ピクシー」は、ブラジル・ワールドカップで惨敗した日本代表をどう見たのか。結果への落胆、采配への疑問、日本代表監督への興味など、率直に語った独占インタビューをお届けしよう。
 
 インタビューのロングバージョンは、2014年7月1日発売の『週刊サッカーダイジェスト 7/15号』に掲載。

――◆――◆――

10人の相手を崩せなかったギリシャ戦には、とくに失望が大きかった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

日本代表の印象
 
「率直に言おう。日本のパフォーマンスと結果にはがっかりした。グループCは絶対的な本命が不在で、日本には大きなチャンスがあった。ベスト16進出は、現実的な目標だったはずだ。私も大いに期待していたんだ。そう、多くの日本人と同じようにね。それが……」
 
日本の良かった点、悪かった点
 
「3試合で勝点1に終わったチームにポジティブな点を見つけるのは難しい。選手たちは全力を尽くした。良かったのはそれくらい。ただ、頑張るだけではワールドカップでは何も得られない」
 
「ネガティブな点は攻撃。目的が感じられず、効果的なプレーがほぼなかった。例えば、コロンビア戦。相手のジャクソン・マルティネスやハメス・ロドリゲスが常にゴールへの道筋を描いていたのに対し、日本には意図が見えなかった。意図はゴールへの決意と言い換えられる。そのゴールへの決意が、勝利への決意、勝利への可能性となる」
 
「ザッケローニ監督の采配にも首を傾げざるをえない。監督にはそれぞれのアイデアがあるが、私と彼の考えは大きく違うようだ」
 
コートジボワール戦を振り返って
 
「もっとも勝利に近づいた試合だっただけに、敗北という結果が残念でならない。60分まで日本はよくやった。先制し、目指すパスサッカーもできていた。しかし、ドログバが入った途端、日本は崩れていった。フィジカルで圧倒され、精神的にも追い詰められていったようだった。立て続けに2点を奪われ、その後は巻き返す力が残っていなかった」

日本対コートジボワール【PHOTOギャラリー】

日本対コートジボワール【週刊SD特派の寸評・採点】
 
ギリシャ戦を振り返って
 
「ものすごくがっかりさせられた。1時間近く数的優位で戦いながら、あまりに無策だった。ロングボールは本来のスタイルではなく、練習もしていないはずなのに、最後の手段が長いパスとパワープレー。ピッチを幅広く使ってスペースを生み出し、相手を揺さぶるべきだった。そうすれば1人少ないギリシャは疲弊して、守備に綻びが生じたはずだ。ロングボールではなく、素早いワンタッチプレーやアタッキングサードでのショートパスの連続、それが必要だった。整然と統制された守備に穴を空けるには、システム変更も考えるべきだった。ザッケローニは3バックを得意としていたはず。3-4-3をなぜ使わなかったのか」
 
――この日本対ギリシャ戦が今大会のワーストゲームだと、早くもそんな声が上がっていますが?
「同意する。100パーセントね。相手は10人だ。さすがに崩すだろう、ゴールを奪うだろうと、そう思いながら試合を観ていた私を、日本は裏切った。ギリシャにとって、結果的にこの勝点1が大きかった。ただ、私はいまでも、決勝トーナメントに進むべきはギリシャではなく日本だったと思っている」

日本対ギリシャ【PHOTOギャラリー】

日本対ギリシャ【週刊SD特派の寸評・採点】
 
コロンビア戦を振り返って
 
「突破を決めていたにもかかわらず、コロンビアはモチベーションが落ちていなかった。日本は、前半終了間際に同点としたところまではよかったが、後半は焦りが目立った。組織が乱れ、前に急いだところを相手にうまく突かれてしまった。攻撃に意図が見えず、ゴールへの道筋が描けていなかった。コンパクトな陣形を保てず、コロンビアに面白いようにカウンターを許してしまった」

日本対コロンビア【PHOTOギャラリー】

日本対コロンビア【週刊SD特派の寸評・採点】
 
【関連記事】
W杯 日本代表総括|週刊サッカーダイジェストによる全23選手と指揮官の評価
W杯 日本代表の攻撃はなぜ機能しなかったのか――ザッケローニに師事した現役イタリア人監督が検証
【W杯 識者コラム】日本サッカーの未来を左右する代表監督には、どんな人物が適任なのか?
【週刊サッカーダイジェストの目】「意識」を持てなかった日本代表の惨敗
【週刊サッカーダイジェスト編集長が語る】日本代表の4年間の総括と今後の課題

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ