【岩政大樹】怯まず挑んだベルギー戦。「日本らしいサッカー」は輪郭を見せ始めた

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2018年07月03日

2-0からの逆転はやってはいけない試合の部類に入るが…

乾の思い切ったミドルがベルギーゴールに突き刺さって2-0。勝利に大きく近づいたが……・写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 素晴らしい。素晴らしい戦いでした。ロシアでの日本代表の戦いぶりがそう感じさせたのは、選手たちが世界の強国相手にも怯むことなく、自分たちの持っているものをぶつけてくれたからでしょう。日本人である私たちの代表が、自分たちの持っているものを思い切りぶつければ、それこそが日本らしいサッカーになる。改めてそう感じました。
 
 ただ、冷静に捉えると、この結果をどう受け止めればいいのかまだ分からずにいます。素晴らしい戦いをしました。優勝候補を土俵際まで追い詰めました。しかし、「惜しかった」で終わってしまいました。2-0から逆転される、というのはサッカーではやってはいけない試合の部類に入ります。それも後半なかばからの逆転となると、そこに相当な力の差があると認めざるを得ません。かといって、今日の日本代表のどこに否定の言葉を書けるのか。頭がぐるぐる回って収まるところを見つけられません。
 
   ひとまず試合を振り返ってみましょう。
 
 立ち上がりから日本は積極的な入りを見せました。いつもより数メートル高めからプレスに行っているように見えたのは、チームとしての設定というより選手たちの意志の表れだったと思います。「俺たちは引き下がらない」そんな意志を感じました。
 
 何より自信を感じさせたのは、開始5分の間に、それぞれの選手がボールを持った時に見せた強気な姿勢です。世界有数の選手たちを目の前にしても怖気付く様子なく、相手を見て、判断をプレーの直前で変えていく姿に、「海外」「強国」に対するコンプレックスなど何一つ感じることのないステージに日本代表が踏み入れたことを感じさせました。
 
 対するベルギーは、守備の要コンパニを使ってきました。ワールドカップには怪我で出遅れていましたが、ここで主力に戻してきました。日本同様、現状のベストメンバーと言えました。
 
 コンパニが戻ってきたこともあり、ベルギーは日本のプレスに対し、落ち着いて、意図的に崩しにかかってきました。3バックが少し左サイドにスライドしたような形でビルドアップをし、右サイドバックがいない4バックのような立ち位置でパスを回していました。
 
 それにより、日本としては大迫選手と香川選手に加え、中盤から乾選手が一つ前に出てプレスをかけることで人数を合わせようという狙いがありましたが、乾選手の背後で、右ウイングバックのムニエ選手と右シャドーのメルテンス選手が、長友選手に対して数的優位を作ることでサイドを崩しにきました。さらに、そこに日本がボランチを使って数を合わせた場合には、長友選手が出てきた裏にルカク選手が流れて起点を作り、日本のプレスを無効化しようとしていました。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ