本田圭佑、ロシアが「最後のW杯」と語るも、大会直後の“代表引退”は明言せず

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月03日

自分がどう現役を続けているのか、サッカーに携わっていくのか、そこはちょっと整理したい

後半アディショナルタイムには惜しい無回転FK弾も放った本田だが、日本を初のベスト8に導くことは叶わなかった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯決勝トーナメント1回戦]日本2-3ベルギー/7月3日/ロストフ・ナ・ドヌ
 
 ベルギーとの激戦を終えた本田圭佑が、改めて自身の去就について口を開いた。
 
 後半アディショナルタイムの失点シーンについて問われた本田は「うーん、まあ。でも現実ですよね」と厳しい結果を受け止めきれない様子も見せたが、「これが僕自身にとって、ワールドカップ最後になるんですけど、正直、自分がみんなをもう一個上のステージに連れて行ってあげたかったというのはあるけど、あそこ(FKの場面)で決めきれなかったのも自分の実力だし、受け入れないといけないというよりは現実がこれなんで、しっかり受け入れて」と、ロシア大会が最後のワールドカップとなることを明言するとともに、敗戦の現実を受け入れた。
 
 常々、ロシア大会が最後のワールドカップになると発言してきた本田。この日も、4年後の大会については「4年後は考えられない。自分だけのためのワールドカップにするなら、たぶん同じような役回りで出られる可能性もあるけど、そういうことじゃないと思っている。やっぱり日本代表が大きく前に進んでいかないといけない」と語り、後進に道を譲る思いも明かしている。
 
 さらに、この大会をもって代表を引退するのかと問われると、「そこは現役のところとリンクしてくると思うので。ただ、4年後はハッキリと見えない。今言えるのは、それだけ」とし、大会を終えてすぐの代表引退に関しては、明言を避けた。
 
 本田はまた、次のサッカーにおけるモチベーションに関しても「そこは整理したいなと思う。ここから自分がどう現役を続けていくのか、サッカーに携わっていくのか、そこはちょっと整理したい。中途半端に発言できない」と語り、今後の現役生活についても大会後に方向性を考えていくようだ。

【日本代表PHOTO】日本 2-3 ベルギー|原口、乾のゴールで2点リードも…。 試合終了間際に逆転を許しベスト8進出ならず

【データで見る】ベルギー×日本|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ