ポーランド戦での役割は?山口蛍の興味深い回答【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

暑さに苦しめられたが…

ポーランド戦で今大会初先発を飾った山口。ボランチとして中盤を走り回った。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めたポーランド戦に、日本は前の2試合から先発6人を入れ替えて臨んだ。今大会で初先発を飾ったボランチの山口蛍は、そのゲームプランを次のように説明した。
 
「点は取りにいこうとしていました。ただ、6人入れ替わって、コンディションを含めてバラバラなところがあったので、上手くいかないことも多くあるはずと考えていました。そのなかで相手に持たれる時間もありましたが、前半はゼロで耐えられたのは良かったです」
 
 もっとも気温36度と環境面での厳しさがあったとも話す。
 
「これまでの2試合と比べてかなり暑かったですし、今日出た選手はフレッシュだと言われていましたが、逆に試合に出ていなかったので、この気候でかなりしんどいものはあったと思います。個人的にもきつかったです」
 
 ただ、決勝トーナメントでの戦いに向けて自らの役割は果たせたと胸を張る。
 
「(ベスト16でのベルギー戦の)ベースになるのは2試合(コロンビア戦とセネガル戦)の先発メンバーだと思うので、自分たちはそこにしっかりつなげる意味がありました、結局、負けてしまい、他力本願での突破になりましたが、役目は果たせたのかなと。今日、休んだ選手がしっかり次にやってくれると思います」
 
 試合に出られない悔しさはあるはずだ。ただ、チームのために役目を果たせたと語る山口の姿からは、西野ジャパンが一枚岩になって今大会を戦えていることが窺えた。

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ