「不本意だった」「究極の選択」"あえて"敗戦を選んだ西野監督が本音を吐露

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「今日の分まで強気でゲームを迎えたい」

大胆な采配でチームをグループリーグ突破に導いた西野監督。次戦に向けて「過去2大会とは違う状況」にしたいと意気込んでいる。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 日本代表はポーランドに0-1で敗れながらも、2大会ぶりにグループリーグ突破を決めた。コロンビアとセネガルの試合経過を受け、ボールを回して時間を稼ぐことを選択し、フェアプレーポイントの差で勝ち上がったのである。
 
「プランになかった選択を迫られたなかで選んだのが、他力だった。自分の心情とすれば不本意です。でも選手に遂行させました。ただワールドカップはそういう戦いもあって、その選択が正解と出れば、それは勝負に勝ったということなのかなと。ワールドカップでこのグループステージを突破するなかで、監督としての究極の選択かもしれません」
 
 この勝ち上がり方には世界各国で賛否両論が挙がっているが、その采配を下した西野監督自身も複雑な心境を吐露した。
 
 何よりも結果を重視し、見事に2大会ぶりのベスト16進出を勝ち取った西野監督が見据えるのは、未知の領域。日本サッカー史上初のワールドカップベスト8進出を、本気で狙っているのだ。
 
「ベスト16は日本のサッカー界が初めて体験するポイントではないです。過去2大会で、ベスト16の時点で全力を尽くして試合に臨んでいった日本代表チームがあったと思います。おそらく今同じような状況かもしれませんが、気持ちの上で対戦相手より、今まで以上に優位なスピリットを持ち、精神的にも、今までの状況とは違う持ち方をさせたいなと思います。今までの2大会とは違う状況で臨むんだと。そういうものを、この3日の中で持たせたいなと思いますし、今日の分まで強気でゲームを迎えたいなと思います」
 
 西野監督は強豪ベルギーにも臆さないメンタリティを植え付け、新たな歴史を作れるか。次戦でも指揮官の手腕に注目したい。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ