長友佑都が語った“盟友”川島永嗣への想い「批判は自分のように悔しかった」【ロシアW 杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「ゴールキーパーはすごく難しいポジション」

グループリーグの3戦すべてにフル出場した長友。ポーランド戦では1失点したが、川島とともに決勝トーナメント進出に貢献した。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 6月28日、グループリーグの最終戦を戦った日本は、ポーランドに0-1で敗れたが、勝点、得失点、総得点で並んだセネガルを“フェアプレーポイント”で上回り、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。
 
 あと1点を奪われれば、グループリーグ敗退が決まっていたなか、好セーブを見せたのは川島永嗣だ。コロンビア戦とセネガル戦では低調なパフォーマンスに終わった守護神は、厳しい声に晒されたが、ポーランド戦では面目躍如と言わんばかりに鋭い反応を披露した。
 
 その活躍に大きな喜びを示したのが長友佑都だ。長友はともに長い間、日本代表を支えてきた盟友への心ない批判に思うところがあったという。
 
「彼に救われた試合は本当に多い。ただゴールキーパーはすごく難しいポジションで、ひとつのミスで批判されたりする。僕は(川島と)ずっと一緒にプレーしてきましたが、助けてもらってきたので、その批判は自分のように悔しかったです」
 
 だからこそポーランド戦で川島が相手のシュートを阻むたびに、駆け寄る長友の姿があった。
 
「ゴリラの兄貴なので、やっぱり思い入れがあるというか(笑)、エイジさんがセーブするたびに自分は飛んで行って称賛したいような気持ちでした」
 
 確かな絆で結ばれているベテランコンビは、決勝トーナメントでも日本の守備を支えてくれそうだ。

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ