”泥臭い”南アフリカ大会とは違う。川島永嗣が語る今大会のチームの”強み”【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「あの時は泥臭くやろうという方が強かった」

決勝トーナメント進出を決め、川島は南アフリカ大会と比較した。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 ロシア・ワールドカップのグループリーグ第3戦、日本はポーランドに0-1で敗れたものの、グループHを2位で通過して決勝トーナメント進出を決めた。
 
 コロンビア戦とセネガル戦でミスが続いていた川島永嗣は、ポーランド戦でもスタメン出場。最大のハイライトは33分にやってきた。カミル・グロシツキのヘディングシュートに鋭く反応し、ゴールライン上で右手一本でシュートをセーブ。そのほかにも、果敢な飛び出しなどで決定機を防ぎ、この日は安定したパフォーマンスを見せていた。
 
 名誉挽回とも言えるプレーをできた要因について、川島は次のように語った。
 
「とにかく、自分らしいプレーをしなければチームに貢献できない部分もありましたし、やはり闘っているのは自分だけではない。前回の試合でチームメイトに助けてもらったように、同じように自分もチームを助けないといけない。自分はひとりで戦っているんじゃないと感じたのが大きかったのかなと」
 川島は自身の好守を仲間との支え合いだと述べる。すると、8年前の南アフリカ大会でグループリーグ突破を決めた日本代表のチームワークと似ていることから、報道陣から南アフリカ大会との違いについて質問が飛んだ。当時も正守護神だった川島は冷静に言葉を続ける。
 
「あの時は自分たちが上手くないから、もっと泥臭くやろうという方が強かったと思います。ただ今回の突破は一人ひとりがチームに対する貢献だったりとか、一人ひとりが自分の特徴を出すという部分が本当にできていると思うので。やはり、10年の時と違う感覚はありますし、今の方がよりチームとして生きているんじゃないのかなと。自分たちの特徴がチームとしても選手としても、それぞれ生きているんじゃないのかなと」

 南アフリカ大会は決勝トーナメント1回戦でパラグアイに敗れ、ベスト16に終わった。しかし、今大会はチームワークに加え、各々の特徴も出せているならば、ベスト8進出も期待ができるかもしれない。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ