「この2試合かなり迷惑をかけた」…正念場のポーランド戦、川島の自己評価は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「今日は自分がチームを救う番」

ポーランド戦でフル出場した川島。32分にはビッグセーブを披露した。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)
 
 日本代表は6月28日、ロシア・ワールドカップで2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。グループリーグ第3戦でポーランドに敗れたものの、同グループの一方の試合でコロンビアがセネガルに1-0で勝利したため、日本はセネガルと勝点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイントの差で勝ち上がった形だ。
 
「ひとつのゲームとしては残念な気持ちですけど、この3試合で、全員で掴んだ予選(グループリーグ)突破なので、そういう意味では本当に嬉しいです」
 
 ポーランド戦でフル出場したGKの川島は、その試合の結果を悔やみながらも、グループリーグ突破については喜びを口にした。
 
 ポーランドの攻撃を最少失点で抑えられた一因には、この守護神の働きがあるだろう。特に、32分のカミル・グロシツキのヘディングを間一髪でかき出したシーンは、見逃せなかった。
 
 初戦のコロンビア戦ではFKを決められ、第2戦のセネガル戦では不用意なパンチングで失点を招いてしまっただけに、このポーランド戦へ懸ける想いは強かったようだ。

 35歳の守護神は「この2試合チームにかなり迷惑をかけていた。今日は自分がチームを救う番だと思っていたので、しっかり仕事ができて良かったと思います」と自己評価した。
 
 批判を受けても崩れることなく、むしろ原動力に変えた。そんな川島には、次のラウンドオブ16でのクリーンシートが期待される。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ