【日本代表】W杯デビューの武藤嘉紀。「幼い時からの夢」を叶えたが、プレー内容には終始反省

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月29日

「自分たちの思っていたプレーはできなかった」

ポーランド戦でワールドカップデビューを果たした武藤。ゴールは奪えなかったが、次戦に向けてアピールした。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本0-1ポーランド/6月28日/ヴォルゴグラード・アレーナ(ヴォルゴグラード)

 ポーランド戦でワールドカップデビューを飾った武藤嘉紀は試合後、「幼い時からの夢でした」と喜びを口にした。
 
 武藤は日本の2大会ぶりの決勝トーナメント進出に貢献したが、チームの勝ち上がり方は、実にギリギリだった。ポーランドに敗れたものの、同グループの一方の試合でコロンビアがセネガルに1-0で勝利したため、フェアプレーポイントの差で勝ち上がったのだ。
 
 難しい試合展開だったことを武藤は明かしている。
 
「とにかくまず失点しないこと。そこから勝ちに行くという気持ちで臨んだんですけど、思いもよらぬ形で失点してしまった。そこから他のチームの状況で、もう1点取りに行くよりしっかりと守り切ることを優先してしまって、自分たちの思ってるようなプレーはできなかった」
 
 当初予定していたプランが先制点献上によって崩れ、さらに他会場の結果により、戦い方を制限された。それでも「結果的にベスト16に入れたので、そこはすごいポジティブに考えなくてはならないのかなと思います」と、何より次のステージに進んだ結果を前向きに捉えている。
 
 武藤自身、再びアピールできるチャンスを得られた。「今日叶えられなかったゴールを、次に必ず果たしたいと思いますし、日本の勝利のために次の試合も全力を尽くしたいと思います」と意気込んでいる。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ