日本代表、2大会ぶりの決勝T進出決定!! ポーランドに敗れるもフェアプレーポイントの差で2位通過!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月29日

最後は頭脳戦で決勝トーナメント進出を掴む

途中出場した乾だが、持ち味を発揮できる展開とはならず。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのグループH最終戦、日本代表対ポーランド代表が6月28日に行なわれ、日本は0対1で敗れたものの、グループHの2位で決勝トーナメント進出を決めた。

【速報PHOTO】日本、ポーランドに敗れるも2大会ぶりの決勝T進出!

 このポーランド戦で引き分け以上の結果を得られれば、自力でのグループリーグ突破が決定する日本は、第2戦のセネガル戦から先発6名を入れ替えて臨んだ。GKには3試合連続で川島永嗣を起用。ディフェンスラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都が並び、中盤はボランチに柴崎岳と山口蛍を起用。中盤の2列目は右に酒井高徳、左に宇佐美貴史が入り、2トップは岡崎慎司と武藤嘉紀。岡崎がやや下がり目に位置している。

 日本は立ち上がり、ブロックを構築した堅い守りからカウンターでチャンスを窺う。12分にはオーバーラップした長友のクロスに岡崎がヘディングシュートでゴールを狙うが枠を捉え切れない。さらに15分には武藤が強烈なミドルを狙うも相手GKの攻守に阻まれた。
 
 逆にポーランドは21分、CKからグリクがヘディングシュートで日本ゴールを襲うが、ここは川島がキャッチして事なきを得た。

 試合は25分以降、やや膠着状態に入ったが33分、日本はポーランドにカウンターを許すと、ベレシンスキのクロスにグロシツキが決定的なヘディングシュート。だが、これも川島がゴールライン上、右手一本でストップするビッグセーブを見せ、ゴールを許さない。

 その後もポーランドの強烈なカウンターに晒される日本だったが、最終ラインを中心とした堅い守りで凌ぎ切り、前半はスコアレスでタイムアップ。0対0で後半へ突入することとなった。

 日本は後半、メンバー交代なくスタート。しかし、後半立ち上がりすぐに岡崎がプレー続行不可能となり、大迫勇也との交代に。

 日本は53分、ポーランドの逆襲を受け、右サイドのグロシツキから中央のスペースへクロスが入る。中央ではジエリンスキが走り込んだが、川島が出足よく飛び出し、間一髪キャッチして事なきを得る。

 しかし60分、日本は自陣でファウルを犯すと、クルザワのFKにベドナレクが右足で合わせてゴールネットを揺らす。日本はついにポーランドに先制を許してしまう。この時点でセネガル対コロンビアは0対0で、日本は敗退が決まってしまう。

 日本は65分、宇佐美に代えて乾貴士を投入。すると74分、もう一方のカード、セネガル対コロンビアでスコアが動く。コロンビアのジェリー・ミナが先制点をゲット。コロンビアがリードしたことで、日本が再びフェアプレーポイントの差でセネガルをリードする展開となる。

 日本は82分に武藤に代えて、長谷部誠を投入。日本は無理に前線にボールを入れず、1点を守る作戦に出る。

 結局、試合は1対0のままタイムアップ。ポーランドが日本を下す結果となった。
そして、グループHのもう一方のカード、セネガル対コロンビアも0対1のまま、コロンビアのリードでタイムアップ。この結果、日本はコロンビアに続き、グループHの2位となり、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。

【日本代表PHOTO】日本 0-1 ポーランド|ポーランドには敗れるも…フェアプレーptsの差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出!

【データで見る】日本×ポーランド|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ