金田喜稔がコロンビア戦を斬る!「よく勝った! だけどゲーム運びは拙く課題は山積みだ」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月20日

やっぱりサッカーは何が起こるか分からない

試合開始直後にPKを決めた香川。日本としては理想的な立ち上がりだった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 よく勝った! 正直、勝点1を取れれば良いと思っていたが、まさか勝点3を手にできるなんて最高の結果だ。やっぱりサッカーは何が起こるか分からない。開始直後にコロンビアに退場者が出るなんて誰も予想できなかったはずだ。
 
 本来であれば日本にはPKが与えられたわけだし、ハンドを犯した(カルロス・)サンチェスは退場にならなくても良かったのかもしれない。でも日本は1点のリードと数的有利という2つのアドバンテージを得られたわけだ。あのプレーが勝敗の別れ目だったと言えるだろう。
 
 エースのハメスをベンチに置いたコロンビアは試合の序盤、少し浮き足立っていた。ワールドカップの初戦ということで緊張していた選手もいただろうし、日本はその隙を上手く付いたわけだ。
 
 それにPKを奪ったシーンではシュートを打つ大切さを改めて考えさせられた。あの場面では大迫がよく粘ったが、こぼれ球を香川が迷いなく狙ったからこそ、サンチェスが本能的に手を出してしまったんだ。
 
 さらに振り返れば、コロンビア戦勝利の布石は(6月12日の)パラグアイ戦だろう。あのゲームで西野体制初勝利を掴んだことで、チームがひとつにまとまった。パラグアイ戦でゴールを決めた香川も気持ちよく大会に入れたはずだし、もしあの一戦に敗れていたら、コロンビア戦の結果も正反対のものになっていたはずだ。大きなターニングポイントだったと言えるだろう。

【最新PHOTO】現地直送! ロシアW杯を華やかに彩る「美しすぎる」「セクシーすぎる」美女サポーターたち

【日本代表PHOTO】日本 2-1 コロンビア|大迫のヘディングシュートで勝ち越し!初戦を勝利で飾る!

【データで見る】コロンビア×日本|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ