“アクションサッカー”でコロンビアから金星!西野朗監督が柴崎を名指しで称賛【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月20日

「リアクションだけにならずに、自分たちがボールを持てる」

西野監督は見事な采配でコロンビア戦を勝利に導いた。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

[ロシアW杯グループH] 日本2-1コロンビア/6月19日/モルドビア・アレーナ(サランスク)
 
 ワールドカップの初戦で日本がコロンビアを2-1で下し、金星をあげた。
 
 日本は6分に香川真司のPKで先制すると、39分に直接FKで失点を食らう。だが、73分にCKから大迫勇也が、ヘディングで勝ち越し弾をゲット。試合はそのままタイムアップとなり、強豪のコロンビアから貴重な勝点3を手にした。
 
 試合後、西野朗監督は喜びのコメントを口にした。
「落ち着いて選手は(試合に)入ってくれて。先制できたのが非常にリズムを作れた要因だと思います」
 
 やはり、勝利の要因として先制ゴールが大きかったが、そのほかにゲームのポイントとなった点を次のように語った。
 
「やはりリアクションだけにならずに、自分たちがボールを持てる。そういうなかで、ゴールを目指す。そういう中盤の構成を考えました。柴崎あたりはよくゲームメイクをしてくれたと思います」
 自分たちから仕掛ける“アクションサッカー”をするために、指揮官は先発メンバーを考えたようだ。そのスタメンのなかでも、ボランチで巧みなボール捌きを見せた柴崎岳に称賛を送った。
 
 就任から約2か月しか経っていないなか、ワールドカップ初戦で見事な勝利を飾った西野監督。それでも「これは選手がタフに戦ってくれた結果。それだけなので」と、選手たちがよく走った成果だと述べた。
 
 セネガル戦に向けては「今はまだ考えられないです」と言うが、勢いづいた西野ジャパンには期待できるだろう。第2戦は日本時間の24日(日)24時にキックオフだ。

【データで見る】コロンビア×日本|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月27日号
    12月13日発売
    2018年 Jリーグ総決算
    BEST PLAYER &
    全1354選手の年間査定
    海外組カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24