「このままでは4年前と同じ結末だろう」海外メディアがドタバタ続きの日本代表を酷評!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月07日

「成田空港での見送りはわずか150人」

戦前の予想以上に低調な出来に終始したガーナ戦。スイス戦ではどれだけの上積みを提示できるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 主力を欠いた若きガーナを相手に完敗を喫した事実は、世界に小さくないインパクトを与えたようだ。日本代表に低評価を下す海外メディアや解説陣が後を絶たない。
 
 米スポーツ専門チャンネル『ESPN』にコラムを寄稿したのは、アジア・サッカーに精通するジョン・デュアデン記者だ。「日本は厳しい調査の下で、ワールドカップへの準備を進めている」と題し、西野ジャパンへのインプレッションを綴っている。
 
 書き出しからして、「4年前、成田空港で日本代表の出発を見送ったのは700人のサポーターだったが、今回はたったの150人である」と皮肉たっぷり。サムライブルーの日本国内における人気低迷に拍車をかけたのは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の突然の解任劇だと主張する。代表チームの内情にサポーターが愕然とし、西野朗監督がベテランを重用して若手選手をスカッドに加えなかった点、さらには一連の対応の拙さから、日本サッカー協会への不信感が募っているのだと指摘。今年に入ってからの顛末をこと細かに説明し、こう続けている。
 
「いまはなによりも結束を高めるほかない。そのうえでアキラ・ニシノは新たなカラーを確立させ、結果を追求しなければならないのだ。契約はあくまで短期間であり、JFAは6月の内容を吟味して今後に向けたジャッジを下すだろう。その最初のテストマッチとなったガーナ戦は実にお粗末だった。(0-2という)スコアはさておき、試合終了のホイッスルが鳴るまで見るべき点が少なく、平凡なパフォーマンスに終始したのだからいただけない。不安定な3バック、パスばかりの中盤、そして攻撃は創造性に乏しかった」

 
 日本は明日金曜日、敵地ルガーノでのスイス戦に臨む。デュアデン記者はきわめて重要な一戦だと言い切る。
 
「スイス戦はとても大事なゲームとなる。フォーメーションをチェックする数少ない実戦の場であるだけでなく、勝ち星から見放されている現状を打破しなければならない。ワールドカップ本番を前に、5戦未勝利だけは避けたいところだろう。その後日本は(6月12日に)パラグアイとも親善試合を戦う。2010年大会でPK戦の末、ベスト8進出を阻まれた因縁の相手である。思えばあの大会は日本にとって素晴らしいものだった。ビルドアップにおいてはいまのチームよりも劣っていたが……」
【関連記事】
「日本は3連敗するかもしれない。でも…」英誌の熟練記者が“代表バッシング”にモノ申す!
【西野ジャパンの最新序列/4-2-3-1編】まくりの武藤。“10番”香川はまさかの…
「ビッグサプライズを起こす!」海外メディアが推す“5人の日本代表キーマン”が意外な人選で…
【セルジオ越後】なんでGK以外が一括り?選考基準も曖昧で「年功序列」と言われても仕方ないよ
「日本は最弱国のひとつ」「ハリル追放で危機に」欧州2大専門誌が西野ジャパンを酷評!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ