「ビッグサプライズを起こす!」海外メディアが推す“5人の日本代表キーマン”が意外な人選で…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月06日

「相手はマキノを甘く見るかもしれない」

『Fox Sports』のタン記者から高い評価を受けた柴崎。途中出場からでも切り札となる得ると称えられた。(C)Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップ本大会に向け、日本代表はアルプス山脈の麓で精力的なトレーニングを続けている。金曜日にはいよいよ西野ジャパンにとってのテストマッチ第2戦、スイス戦に臨む。フォーメーションはガーナ戦で採用された3バックから4-2-3-1に戻される公算が高く、本田圭佑や香川真司のスタメン起用があるのかなど、興味が尽きない。
 
 そんななか、海外メディアもこぞってサムライブルーの特集を組み、その実力のほどを分析している。米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』のアジア通記者、ガブリエル・タン氏が6月6日に寄稿したのは、「ワールドカップでの活躍が欠かせない日本の5選手」と題した記事だ。その人選が通好みと表現すべきか、なかなか渋い。
 
 一人ひとりの寸評とともに紹介しておこう。
 
エイジ・カワシマ(川島永嗣)
「ピーク時にはアジアナンバー1の定評を得ていたエイジ・カワシマも、現在はキャリアの夕暮れ時を迎えている。それでもいまだ日本ではもっとも安定感のある守護神として、ふたつのゴールポストの間にそびえ立つ。サムライブルーは新たなディフェンスの形を模索中で、実際にどれほどの強度を保てるかが定かではない。そんななか、ワールドクラスのアタッカーであるロベルト・レバンドフスキ、ハメス・ロドリゲスと対峙しなければならないのだ。カワシマの奮起は必須だろう」

 
トモアキ・マキノ(槙野智章)
「日本のスタメンはほぼヨーロッパでプレーする選手たちで固められているが、もしホタル・ヤマグチ(山口蛍)が外れれば、国内組はトモアキ・マキノのみとなる。おそらく相手チームはそのことから、マキノのフットボーラーとしての力量を甘く見るかもしれない。だが、忘れてはいけないのだ。31歳はブンデスリーガでのプレー経験が豊富で、世界の名だたるフォワードとも堂々と渡り合う力を有している。ゲームを読む眼に長け、スライディングタックルは強烈。ゴールセンスを備え、左サイドバックをこなすなど万能性も十分だ。チームにとって大きなオプションとなっている」

ガク・シバサキ(柴崎岳)
「すでにビッグステージで存在を誇示した男だ。鹿島アントラーズの一員として2016クラブワールドカップ決勝で躍動し、レアル・マドリーを相手に2ゴールを叩き込んだ。ハットトリックのクリスチアーノ・ロナウドに肩を並べるほどの活躍を見せた。その後はスペインに渡り、テネリフェとヘタフェで研鑽を積んでいる。現時点でガク・シバサキは日本のスタメンではないが、創造性をもたらすプレーと、一撃で敵ディフェンスの急所を突くキラーパスを活用しない手はない。たとえ途中出場だとしても、相手の堅陣を突き崩す切り札となるだろう」
【関連記事】
【西野ジャパンの最新序列/4-2-3-1編】まくりの武藤。“10番”香川はまさかの…
「日本は3連敗するかもしれない。でも…」英誌の熟練記者が“代表バッシング”にモノ申す!
日本の「平均年齢28.6歳」は何位? W杯出場32か国の“23人”を5つのカテゴリーで徹底比較!
「当落線上にいた大物が…」「Jリーグ組が10人」海外メディアから西野ジャパンの“人選”に驚きの声
「まるで進歩なし!」「政権交代も苦難は続く」米メディアが西野ジャパンを辛辣批評!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ