【ガーナ戦プレビュー】香川は最終テストをパスできるか。結果次第で3バック白紙も!?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年05月29日

注目のひとつはリベロ長谷部のパフォーマンス

香川はガーナ戦で復活をアピールできるか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 5月30日のガーナ戦、いよいよ西野監督の初陣である。誰が生き残るかという意味ではメンバー発表前日の大一番だが、同時に結果も求められる一戦だろう。「いつもの親善試合以上に勝ちへのこだわりは大事になってくる」という吉田はこう続ける。
 
「良い雰囲気でオーストリアの合宿に入っていけるようにするために、まずは勝たなきゃいけない。勝てば、チームはまとまりやすくなるし、同じ方向に進みやすくなる。負けると、苦しくなると思う」
 
 おそらく3-4-2-1で戦うだろうガーナ戦は、西野ジャパンの行く末を占ううえでも大きなポイントとなる試合だ。ここで負ければ「西野監督で本当に大丈夫なの?」と懐疑の目を向けられる可能性もあるだけに、下手なゲームはできない。
 
 3-4-2-1システムを採用した場合、試合の行方を左右しそうな鍵のひとつが、リベロを任されるはずの長谷部のパフォーマンス。格上揃いのワールドカップでグループリーグ突破を目指すなら、まずは守備が大事だ。リベロの両脇を固めるだろう吉田と槙野、その前に陣取るボランチコンビ(山口と大島もしくは柴崎がスタメンか)をどう操り、ゴール前に強固な壁を築けるかは見物だ。
 
 西野監督も長谷部が軸の守備陣には「人ではなくボールに対してのディフェンス」を求めているようで、対人というよりは組織的にどうボールを狩るかが見どころのひとつになりそうだ。
 
 もうひとつのポイントは、3-4-2-1システムの肝となる両ウイングバックの出来だろう。この両翼が仮に劣勢を強いられると、チームの重心はグッと下がり実質5バックとなる。これでは攻撃に比重を置けなくなり、厚みを出せない。そうならないよう、比較的高い位置取りで、ゲームをコントロールする役割が求められる。
 
 そのウイングバックでスタメンを任されそうなのが、右が原口か酒井宏で、左が長友だ。いずれもクラブシーンでチームの主力として活躍した選手たちであり、ガーナ戦で彼らが機能しないようだと、3-4-2-1システムが白紙に戻る事態にもなりかねない。それほどこのポジションの重要性は高いだろう。

  そのウイングバックでのプレーについて、原口は次のように語っていた。
 
「なるべく強気に高い位置を取りたい。僕が出る時はそれを強く考えてやりたい。前の選手とのタイミングの良いポジションチェンジというのはハマれば、チャンスを作り出せる。もちろん守備はしっかりやりますけど、攻撃の部分で違いを出したいと思います」

 
【関連記事】
【ガーナ戦前日のスタメン予想】長谷部ありきの3バック。激戦区の右WB、シャドー、ボランチは?
【日本代表】生き残る23人、外れる3人は? 3バックシステムでの人材配置から大胆予想
【西野ジャパンの最新序列】激戦区はシャドー。本田と香川の共存はない?
【日本代表】“西野流3バック”で恩恵を受ける選手、割を食う選手は?
【日本代表/公開練習の紅白戦まとめ】誰がどのポジションで、何回使われたのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ