デュッセルドルフに咲いた二輪の花…宇佐美貴史と原口元気、日本代表デュオはいかにして復活を遂げたのか

カテゴリ:海外日本人

了戒美子

2018年05月15日

“ヒーロー”宇佐美のコールに大歓声が

互いに刺激し合い、切磋琢磨してきた宇佐美(左)と原口(右)。フォルトゥナを躍進に導き、みずからの力でロシア・ワールドカップへの道をこじ開けた。(C)Getty Images

画像を見る

 5月13日のドイツ・ブンデスリーガ2部最終節で、フォルトゥナ・デュッセルドルフはニュルンベルクとの直接対決を制し、見事優勝を果たした。
 
 過酷なアウェーマッチで、しかも2点を先行される苦しい展開。それでも37分に宇佐美貴史が反撃の口火となるヘディングゴールを決めると、59分に同点に追いつき、91分に逆転弾を挙げた。引き分けならニュルンベルクが優勝という状況だっただけに、まさにドラマチックな展開での戴冠となった。
 
 翌14日には地元デュッセルドルフ市庁舎で、市民に向けた優勝報告会が行なわれた。選手一人ひとり、スタジアムのキックオフ前のように名前が呼ばれ、市庁舎のバルコニーに登場する。ニュルンベルク戦で得点を決めた宇佐美はさながらヒーローだ。とりわけ大きな声援に包まれた。

 
 昇格と2部優勝を決めた直後も、報告会でも、宇佐美と原口元気はとても嬉しそうな表情を見せた。ともに長きに渡る不振からついに脱却できた、それを実感しているからこその笑顔だ。
 
 宇佐美にとってシーズン前半戦は、リハビリに近いものだった。前所属のアウクスブルクで実戦から遠ざかっていたため、コンディション調整に時間がかかったのだ。冬の移籍市場で原口が入団してくると、いよいよエンジンがかかった。「調子が上がったの、全部元気くんのおかげって書かないでくださいよ!」と念を押されることもあったが、実際にパフォーマンスが向上したのは原口が加入してから。28試合に出場して8得点、ラスト3試合はほぼフル出場で、かつ優勝が懸かった最終戦でチームを反攻に転じさせるゴールを決めた。ドイツ4クラブ目で初めて目に見える活躍を果たし、手応えを掴んだのだ。
【関連記事】
「ドリームゴール!」「鮮烈な一撃」日本代表、宇佐美貴史の華麗なミドルを独メディアが絶賛!
「オオサコは高すぎるんだ!」宇佐美、原口との“日本代表トリオ結成”はやはり幻に終わる!?
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11!「1・5列目にヒデさん」「GKは能活さんしかいません」
「なんでこんなに気が合うんだ」長友佑都がワールドクラスの大親友と5年ぶりの再会!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ