サウサンプトン残留の背景にあった変革と、その中心にいた「素晴らしい男」吉田麻也

カテゴリ:海外日本人

竹山友陽

2018年05月15日

本拠地でのサポーターの“控えめな拍手”。

プレミアリーグ残留という目標を何とか達成した吉田が、悪戦苦闘のシーズンを振り返った。 (C) Getty Images

画像を見る

 試合の残り時間は数秒だった。

 5月13日のプレミアリーグ最終節、サウサンプトン本拠地セント・メリーズは、共に降格争いをしていたスウォンジーが負けているとの速報を受け、プレミア残留が決定的となったため、ホームサポーターたちの熱気に溢れていた。

 しかし、0-0での引き分けが妥当だと誰もが思っていた中での瞬時の出来事だった。

 自陣深くでスローインからボールを受け取ったマンチェスター・シティのケビン・デ・ブルイネが、サウサンプトンのDFライン裏へ向けて、「ここしかない」という正確無比なパスを放り、これにガブリエウ・ジェズスが鮮やかなボールコントロールで抜け出して、冷静なチップシュートを決めたのだ。

 一瞬、スタジアムが無音状態となった後、ピッチではベンチからシティの選手とスタッフがなだれ込んで、ファンと歓喜の輪を作っていた。
 

 この勝利でシーズン勝点100という偉業を成し得たシティ。指揮官ジョゼップ・グアルディオラが作り上げた、人々の記憶に鮮明に残る、美しく、そして圧倒的な強さを誇るチームは、プレミアリーグの歴史も塗り替えた。

 就任2年目を迎えたグアルディオラは、フィジカル中心のイングランド・フットボールにバルセロナ的なサッカーは通用しないという批判を跳ね返し、サッカーの母国の価値観をも変えつつある。文字通りゲームチェンジャーである。

 さて、そんな今シーズンの王者に屈したサウサンプトンだが、試合の出来は決して悪くなかった。5–4–1のフォーメーションでブロックを形成し、シティがプレーできるスペースを消して、相手のチャンスの数を減らすことに努めていた。

 しかしながら、集中力が切れた約3秒間で、シティに隙を突かれた。チャンピオンになるチームが発揮する、勝負を引き寄せる強さにしてやられたのだ。

 試合終了のホイッスルが吹かれた直後、シティの選手たちの雄叫びが鳴り響いたスタジアム。そのなかで、サウサンプトンのファンがプレミア残留を祝う“控えめな拍手”も聞こえてきた。
 
【関連記事】
「ネイマールは王様でもなんでもない」仏誌編集長がブラジルの至宝の“真価”を一刀両断!
「やっぱりスゴい!」「いるだけで違う」 東京Vで汗を流す本田圭佑に期待の俊英たちも驚きの声!
「鮮やかに観衆を沸かせた」長友佑都が相手選手の股間を抜く圧巻のヒールパス!
「真のクラックだ!」「アイドルとの別れ」退団する乾貴士にエイバル・ファンから熱き惜別メッセージが続々
酒井宏樹に強力ライバル出現か!? ユベントスの熟練SBにマルセイユ行きの噂が…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ