「神戸はスペクタクルな町」 バルサ・ユース出身の元Jリーガーがイニエスタの日本行きを後押し

カテゴリ:メガクラブ

山本美智子

2018年05月09日

「日本はパスサッカーに敬意がある」

現地紙のインタビューに応じた元ヴィッセル神戸のアルベルト・トマス氏は、日本行きの噂があるイニエスタについて、「快適な生活が約束されているだろう」と語る。 (C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 5月7日、アンドレス・イニエスタが来シーズン、中国には行かずに日本のヴィッセル神戸に移籍する方向で交渉が進んでいるというニュースが世界を駆け巡った。そして一夜明けても、この騒動が収束する気配はない。

 いまから20年前、イニエスタと同じようにバルセロナの育成組織「ラ・マシア」で育った選手が、ヴィッセル神戸でプレーしていた。現在までヴィッセル神戸でプレーしたことのある唯一のスペイン人選手、アルベルト・トマス氏(47歳)だ。

 このラ・マシア出身の、元レバンテの選手に『Mund Deportivo』紙がインタビュー取材を敢行。その内容が現地時間の8日午後、同紙の電子版に掲載された。
 
 トマス氏は、「とてもアドバイスできるような立場にはないが、もし、僕の経験が役に立つというのであれば」と前置きしたうえで、「日本はイニエスタにふさわしい、とてもいい国だ。(移籍先として噂に上る)他の国よりずっといいと思う」と話し、次のように続けた。

「神戸はスペクタクルな町。その意味でバルセロナとよく似ているし、人口もちょうど同じくらいで(約150万人程度)、とても衛生的だし、まるで一般人のように町を歩くことができる。なぜなら、日本人は選手の私生活に関して、とても敬意を払ってくれるからね。リーグのレベルだって、カタールや中国と比べて遜色ないし、なにより快適な生活が約束されている」

 さらに、「要求度はずっと低くくなるだろうが、競争はあるし、すごく真剣なリーグで、週末はスタジアムがいっぱいになる」と、Jリーグについての説明も加えている。

 また、日本のサッカーのレベルについては、「5大会連続でワールドカップに参戦しているのがなによりの成長の証。代表クラスの選手の多くはヨーロッパでプレーしているが、それでもしっかり国内で選手を育てつつ、競争力のあるリーグを作り上げようと各クラブが努力している。中国のように大金をバラまいたりはせずにね」と説明した。

 さらに「ブラジル・サッカーの影響を強く受けていて、実際に多くのブラジル人選手がプレーしている。そして、パスサッカーへの敬意がある」と分析し、だからこそイニエスタは、「サポーターやチームメイトからだけでなく、ライバルチームの選手やファン、そしてレフェリーからも尊敬を集めるだろう」とコメントしている。

文●山本美智子(フリーランス)
【関連記事】
「イニエスタは家族と専属スタッフと日本へ行く」地元ラジオ局が神戸との3年契約を報道
最後のクラシコで着用したイニエスタのユニホームはライバルの元に! 「友よ、ありがとう。幸運を」
イニエスタに日本行きの可能性が急浮上!? 地元ラジオ局が「交渉は進んでいる」と報道
「バルサは僕と家族にすべてを与えてくれた…」 もう一度読み返しておきたい、イニエスタの退団会見(全文)
「すまない、アンドレス!」フランスの老舗専門誌がイニエスタに謝罪した理由

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ