【J1採点&寸評】名古屋 1-3 清水|MOMは見事なミドルを決めたMF。名古屋はまさかの7連敗…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年04月25日

名古屋――ホーシャはCKから一矢報いる

【警告】名古屋=なし 清水=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】石毛秀樹(清水)

画像を見る

[J1リーグ10節]名古屋1-3清水/4月25日/パロ瑞穂
 
【チーム採点・寸評】
名古屋 5
後半は盛り返すなど見せ場は作ったが、“内容は悪くないのに結果が出ない”という悪循環にはまり、まさかの7連敗。厳しい現実を突き付けられた。
 
【名古屋|採点・寸評】
GK 
22 ランゲラック 5.5
48分には石毛のシュートを阻むなど好セーブを見せたものの、結果的に3失点。どれも止めるのは難しいシュートだったが、悔いが残った。
 
DF 
6 宮原和也 5.5
守備をそつなくこなしつつ、機を見て攻撃参加。くさびのパスも悪くなかった。ただ奮闘するも結果に結びつかず。

41 菅原由勢 5.5
失点シーンでは河井と対峙したが、上手くスルーパスを通されて北川のゴールにつなげられた。ボールを持った時の落ち着きは光ったが、試合後には反省を口にした。
 
36 ホーシャ 6
右足の負傷から5試合ぶりに復帰し、最終ラインを統率。44分には北川を止められずに失点を喫したが、82分には豪快なヘッドでゴール。しかし、86分には鄭に倒され、その流れから金子に3点目を奪われた。
 
3 櫛引一紀 5.5
本職はCBながらこの日は左SBとして先発。積極的に攻め上がって攻撃をサポートした。ただ1失点目のシーンではスライディンが間に合わず。相手の勢いを止め切れなかった。
 
MF 
29 和泉竜司 5.5(81分OUT)
狭いエリアで素早くターンするテクニックは抜群。攻撃に推進力をもたらした。もっとも前半は守備時のポジショニングに迷ったのか、動きが曖昧になる場面があった。

4 小林裕紀 5.5
前半は珍しくパスミスが目立ち、ボールロストが多かった。一方、後半はより前に出てチャンスに絡んだ。
 
【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ