【横浜】試合を支配しながら痛恨の逆転負け――先制後の10分間に何があったのか

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年04月16日

幸先良くリードを奪うも、あっさりと逆転を許した原因は?

懸命なセービングを見せていたGK飯倉(21番)は、チームの先制後の戦いぶりを「リアクションになってしまっている」と最後尾から見ていた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ8節]横浜1-2神戸/4月15日/日産スタジアム
 
 前半から高いポゼッションで主導権を握り、ゲームを支配した。いくつかの決定機を作りながらスコアレスで折り返したが、後半も横浜ペースは変わらない。58分にはGK飯倉大樹の短いフィードからダビド・バブンスキーが持ち上がり、左サイドの天野純を経由して、最後はカメルーン代表の新戦力オリヴィエ・ブマルの来日初ゴールで先制に成功した。
 
 だが、横浜はその後、2失点を許し、逆転負けを喫している。相手を圧倒したうえで先制点を奪う展開であれば、そのまま2点、3点を加えてもよかったはずが、試合をひっくり返されている。ピッチ上でいったい何があったのか。
 
 ブマルのゴールをお膳立てした天野はこう振り返る。
 
「1点を取った後、“フワッ”とした感じがあった。そこで追加点を取るぞっていう意思統一ができていれば……。ちょっと消極的になって、キープしようとしたり、前に出せるのに出さなかったり、それで判断も遅れて、後ろ向きのプレーが増えてしまった。もう少しポジティブにプレーできればよかった」
 
 最後尾からチームの戦いぶりを見ていた飯倉の見解はこうだ。
 
「後半、点が入った後の自分たちのサッカーが、どうしてもアクションではなくて、ちょっとリアクションになってしまっている。それは広島戦(前節/1-3の逆転負け)もそう。そこが問題だと思う。点を取りに行こうとはしているのかもしれないけど、あまりそれがはっきりとは感じられないというか。少し緩くなっているのかな、と」
 
 ふたりとも同じような感想を抱いている。スコアを動かすまでは“イケイケ”のサッカーを見せるが、先制した後は「消極的」になり「リアクション」になってしまう。
 
 その隙を、神戸に突かれてしまった。ブマルの得点からちょうど10分後の68分、右サイドを崩されて失点。それなりに手数をかけて相手ゴールをこじ開け、リードを得たが、それゆえ「あっさりと点を取られてしまうと、チームとして精神的にもテンションがガタっと落ちて、バタバタしてしまう」(中澤佑二)。うまく修正できないうちに2点目を奪われ、その後の反撃も実らず、痛恨の逆転負けを喫した。

【横浜 1-2 神戸 PHOTO】前半の猛攻をしのいだ神戸が三田と渡邉のゴールで逆転勝利!

【PHOTO】横浜を彩る美女チアリーダー『トリコロールマーメイズ』!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24