【横浜】“偽ボランチ”にもなる守護神・飯倉大樹がエリアの外に飛び出す理由

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年04月13日

広島戦ではパトリックにループを決められたが…

小学生時代はフィールドプレーヤーだった飯倉。足もとの技術には定評があり、積極的にビルドアップにも関与する。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグ第7節の広島対横浜は、ホームチームが3-1の逆転勝利を収めた。この日は途中出場だった広島のパトリックは、チームを勝利に導く2ゴールを決める活躍を見せた。
 
 その2点目は、見事なループだった。カウンターからドリブルで持ち運ぶと、前に出ていた横浜のGK飯倉大樹の位置を確認し、遠目から狙いすましたシュートでネットを揺らしてみせた。
 
「ベンチからGKの位置をずっと見ていたけど、信じられないくらい前に出ていて、チャンスがあれば絶対にシュートを打とうと思っていた。うまく決められて良かった」
 
 パトリックが言うように、たしかに今季の飯倉はGKらしからぬポジションを取っている。昨季と比較しても、距離にして10から15メートル、相手が自陣でCBやボランチがキープしていれば、20メートル以上は前に出ているのだ。
 
 チームがハイライン戦術をベースとするなか、飯倉は勇気を持ってペナルティエリアを飛び出し、4バックの背後の広大なスペースを埋める。パトリックが“信じられないぐらい”なら、飯倉本人も「今日もこんなところにいるんだな、と思ったりする時もある」。
 
 GKが守るべきゴールから離れるのだから、間違いなくリスキーではある。事実、パトリックに沈められたループも、今のスタイルの弱点を突かれた形だ。
 
 だからといって、飯倉が消極的にはならないはずだ。「充実感があるし、ポジティブな気持ちになる。これが自分の仕事だと、自分の中ではっきりしているから、やっていて楽しい」。プレーに一切の迷いがなく、GKとしての自分に大きな可能性と期待を感じている。
 
 ペナルティエリアの外に出れば、フィールドプレーヤーとしての振る舞いが求められる。「チームのリズムやポゼッションとかを考えながら、なるべくショートパスを使って、相手を動かして、疲れさせるイメージで」ビルドアップにも積極的に参加する。
 
 当然ながら、走る量も、ボールに触れる機会も増えるわけだが、それがセービングやシュートストップにも好影響をもたらす部分もあるようだ。
 
「常に動いているし、ボールにも関与している。ずっと走っているから、そこでシュートを打たれても、力が抜けるというより、瞬間的なパワーは出しやすいかな」
 
 以前と比べれば、体力的な負担がないわけではない。「今までにない足の重さは感じている」。ただ、「逆に疲れてくるから、余計に集中するみたいなところはある」。もちろん、良いパフォーマンスを出せるように、これまで以上に水分補給を意識したり、良質な睡眠を心掛けたりと、身体のケアには余念がない。

【PHOTO】横浜を彩る美女チアリーダー『トリコロールマーメイズ』!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ