“疑惑の判定”でのゴール取り消しに…川崎の鬼木達監督は「選手たちが可哀そう」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年03月31日

長谷川の得点はオフサイドでノーゴールに

試合後には複雑な表情を浮かべた鬼木監督。判定に疑問を呈した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ5節]川崎0-1広島/3月31日/等々力
 
 広島が川崎に1-0で勝利した首位攻防戦は、試合終盤に川崎のゴールがオフサイドで取り消される“疑惑の判定”が生まれ、後味の悪いゲームとなった。
 
 問題となったシーンは広島が1点リードで迎えた89分に訪れた。川崎の車屋紳太郎が左サイドを突破してクロスを上げると、広島の水本裕貴がヘッドで防ぐも、そのクリアボールがゴール方向に飛び、GK林卓人がセーブ。林が弾いたボールは再び水本に当たってこぼれ、最後は川崎の長谷川竜也が押し込んだ。
 
 このシーン映像で見返すと、水本→林→水本→長谷川の順でボールに触っており、さらに左サイドには広島の和田拓也が残っており、オフサイドには見えない。
 
 川崎の鬼木達監督は試合後の会見で冷静にゲームを振り返りながら、問題となったシーンに言及した。
 
「当然、(クラブとして)アクションを起こさなくてはいけないシーンだと思います。(85分の)失点シーンも、相手のCKになった場面で向こうのオフサイドは取られなかった。どういう見解でああいう風になったのか分かりませんが、(レフェリーに)訊いてもなかなか答は返ってこなかったので、そういうところはチームとして言っていかなくてはいけないと思います。
 
 選手は本気で頑張っているので、それに対して僕たちも言わなくてはいけない。やっぱり選手たちが可哀そうだと思う。サポーターの方も悔しいでしょうし、当然、僕も悔しいので訴えかけていきたいです」
 
 さらにVARシステム(ビデオ判定システム)の必要性について質問が飛ぶと以下のように答えた。
 
「自分たちがこうなる前までは、正直時間もかかるのでどうなのかという想いもありました。ただこうなってみると……うーん難しいですね。あればしっかりした答は出ると思います。それでもハンドでも当たっていても取るのか取らないのかという難しさもある。そこは審判を信じるしかないのかなとは思います」
 
 複雑な表情を浮かべながら鬼木監督はスタジアムを後にした。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ