“疑惑の判定”でのゴール取り消しに…川崎の鬼木達監督は「選手たちが可哀そう」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年03月31日

長谷川の得点はオフサイドでノーゴールに

試合後には複雑な表情を浮かべた鬼木監督。判定に疑問を呈した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ5節]川崎0-1広島/3月31日/等々力
 
 広島が川崎に1-0で勝利した首位攻防戦は、試合終盤に川崎のゴールがオフサイドで取り消される“疑惑の判定”が生まれ、後味の悪いゲームとなった。
 
 問題となったシーンは広島が1点リードで迎えた89分に訪れた。川崎の車屋紳太郎が左サイドを突破してクロスを上げると、広島の水本裕貴がヘッドで防ぐも、そのクリアボールがゴール方向に飛び、GK林卓人がセーブ。林が弾いたボールは再び水本に当たってこぼれ、最後は川崎の長谷川竜也が押し込んだ。
 
 このシーン映像で見返すと、水本→林→水本→長谷川の順でボールに触っており、さらに左サイドには広島の和田拓也が残っており、オフサイドには見えない。
 
 川崎の鬼木達監督は試合後の会見で冷静にゲームを振り返りながら、問題となったシーンに言及した。
 
「当然、(クラブとして)アクションを起こさなくてはいけないシーンだと思います。(85分の)失点シーンも、相手のCKになった場面で向こうのオフサイドは取られなかった。どういう見解でああいう風になったのか分かりませんが、(レフェリーに)訊いてもなかなか答は返ってこなかったので、そういうところはチームとして言っていかなくてはいけないと思います。
 
 選手は本気で頑張っているので、それに対して僕たちも言わなくてはいけない。やっぱり選手たちが可哀そうだと思う。サポーターの方も悔しいでしょうし、当然、僕も悔しいので訴えかけていきたいです」
 
 さらにVARシステム(ビデオ判定システム)の必要性について質問が飛ぶと以下のように答えた。
 
「自分たちがこうなる前までは、正直時間もかかるのでどうなのかという想いもありました。ただこうなってみると……うーん難しいですね。あればしっかりした答は出ると思います。それでもハンドでも当たっていても取るのか取らないのかという難しさもある。そこは審判を信じるしかないのかなとは思います」
 
 複雑な表情を浮かべながら鬼木監督はスタジアムを後にした。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
川崎対広島の首位攻防戦で誤審!? オフサイドで長谷川の同点弾が取り消しに
首位攻防戦は広島に軍配!パトリックがGKのミスを見逃さずに古巣の川崎から決勝点
【FC東京】古巣のG大阪を撃破。長谷川監督の心境は?
3年ぶりの2位にも憮然…仙台指揮官「全然良い試合じゃない」「よく勝てたな」と辛口評価
ハーフタイムの青空ミーティングも不発…昌子源は「厳しいですね」と低調な出来に嘆き節

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ