川崎対広島の首位攻防戦で誤審!? オフサイドで長谷川の同点弾が取り消しに

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月31日

川崎の選手は納得できずに抗議したが…

川崎と広島の上位対決は緊迫の好ゲームだったが、疑惑の判定で後味の悪い試合になってしまったようだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ5節]川崎0-1広島/3月31日/等々力
 
 31日に等々力陸上競技場で行なわれた1位・川崎と2位・広島の首位攻防戦で、疑惑の判定が生まれた。
 
 広島の1点リードで迎えた試合終了間際の89分、川崎の車屋紳太郎が左サイドを突破してクロスを上げる。これを広島の水本裕貴が防ぐも、ヘッドでのクリアがゴール方向に飛び、GK林卓人を強襲。林は何とか反応したが、弾いたボールが再び水本に当たってこぼれ、最後は川崎の長谷川竜也が押し込んだ。
 
 しかし、このゴールがオフサイドの判定で取り消しに。川崎の選手は猛然と副審に抗議したが、判定は覆らずに試合は続行され、そのまま1-0で広島が勝利した。
 
 ゴール前の局面は、水本→林→水本→長谷川の順でボールに触っており、映像で確認する限りではオフサイドにならない。川崎の鬼木達監督は判定に納得がいかなかったようで、試合終了後も執拗に審判団に食い下がっていた。
【関連記事】
“疑惑の判定”でのゴール取り消しに…川崎の鬼木達監督は「選手たちが可哀そう」
首位攻防戦は広島に軍配!パトリックがGKのミスを見逃さずに古巣の川崎から決勝点
"地獄の15連戦"に横浜のポステコグルー監督が自信「11人だけでなく良い選手が揃っている」
「解説が相太で気合が入りました」殊勲の国見高同級生GK関の言葉に実況席の平山氏の反応は?
母国メディアに本音を吐露? 韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが「日本」を語る

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ