【岩政大樹】顕在化したハリルジャパンのデメリット。チームの最終形は、いまだ見えない

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2018年03月28日

ウクライナ戦は、内容、結果ともに厳しいものに

ウクライナ戦は1-2で敗戦。ワールドカップ出場を逃した国に力の差を見せつけられた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ハリルホジッチ監督は、やはり2試合をトータルで考えていました。一つひとつの試合にベストで挑むというより、2試合で様々な選手を見たかった。つまり、ワールドカップメンバーを選ぶための材料集めが、今遠征でのメインテーマであったと思われます。柴崎選手、中島選手など、評価を高めたであろう選手もいました。そういう意味では、監督にとって有益だったのではないでしょうか。
 
 とはいえ、ウクライナ戦も試合内容、結果(1-2)ともに厳しいものでした。ウクライナはロシア・ワールドカップへの出場を逃した国です。ヨーロッパのレベルの高さを思い知るとともに、日本代表の現状に危機感を覚えました。
 
 前線からの守備は、少し改善点が見られました。個人の判断によるものと思われますが、2列目の本田選手、柴崎選手、原口選手がベッタリマークに付いていくだけでなく、相手を背中に置いて対応したり、機を見て相手のセンターバックまでプレスにいったりしていました。特に立ち上がりは良い判断のもとで守備が行なわれているように見えました。
 
 しかし、徐々にウクライナの選手たちがポジションを巧みに変えていくと、どんどんボールも、日本代表の選手たちも、意図的に動かされてしまいました。
 
 今の日本代表の守備は「人」からポジションを決めるので、相手が動くと付いていきます。それを見たウクライナの選手はまず、日本代表のボランチ、長谷部選手と山口選手を引き離すべく、インサイドハーフのふたりが外のほうにポジションを取り始めました。
 
 そうすると、日本のセンターバックの前には広大なスペースが生まれます。そこにセンターフォワードやサイドハーフが入れ替わり立ち替わり入って来たために、日本の選手たちは対応に追われることとなりました。
 
   基本的に、2ボランチの間にグラウンダーのパスを通されると守備は対応が難しくなります。あるものは左を向き、あるものは右を向くため、選手たちの守備の方向(ベクトル)が揃わないからです。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ