いざ、仮想ポーランドとの一戦へ! 日本代表は役者が揃う強豪ウクライナを相手にどう振る舞うべきか

カテゴリ:ワールド

河治良幸

2018年03月27日

ここ数年に渡って模索してきたスタイルは――。

適材適所に実力者を揃えるウクライナ。シェフチェンコ監督の指導のもと、連動性と組織力に磨きをかけている。(C) Getty Images

画像を見る

 親善試合で日本がマリとなんとか引き分けた現地3月23日、アンドリー・シェフチェンコ監督が率いるウクライナはサウジアラビアと1−1で引き分けた。
 
 エースのアンドリー・ヤルモレンコを欠く状況だったとはいえ、戦力的な期待値からすれば不甲斐ない結果と言える。しかし、ウクライナの基本的な志向を確認するには十分に参考になる試合だった。
 
 かつてのウクライナはタイトに守備を固め、鋭いカウンターで仕留める戦いを用いていた。だが、ここ数年は中盤でしっかりと組み立てながら、サイドを起点に連動性のある仕掛けでゴールに迫るスタイルを模索しているように見える。事実、シェフチェンコ監督は「多くのパスを繋いでチャンスを作りたい」と前日会見で明かしている。
 
 さらにマンチェスター・シティでプレーする若手MFのオレクサンドル・ジンチェンコやブラジル生まれのマルロスというテクニカルな選手が中盤を仕切り、その傾向は強まっている。

 
 4−1−4−1を基本布陣とするウクライナ。サウジアラビア戦で挙げた唯一の得点は、エフゲン・コノプリャンカが供給した左からのクロスに189cmの長身FWアルテム・クラベツがヘッドで合わせるというシンプルな得点パターンだった。
 
 この時、興味深かったのはゴールを決めたクラベツの他に、右サイドハーフのヴィクトル・ツィガンコフ、インサイドハーフのジンチェンコとマルロスという3人がペナルティーエリアまで飛び込んでいた点だ。
 
 一人ひとりが攻撃能力に優れる2列目の背後を、攻守のバランス感覚に長けたシャフタールの主力MFタラス・ステパネンコがアンカー役として引き締め、さらに高精度の左足キックを兼ね備えているルスラン・マリノフスキーも控えるウクライナは、適材適所にしっかりした役者を揃える手強い相手だと断言できる。
 
 かつて、同国の絶対的なエースとして君臨したシェフチェンコ監督が課題として挙げているのは、国際舞台で通用するセンターFWがいないことだ。
 
 現在はトルコ・リーグのカイセリスポルに所属するクラベツがファーストチョイスだが、日本戦ではシェフチェンコ監督の“秘蔵っ子”でもあるディナモ・キエフの22歳、アルテム・ベシェディンにチャンスが与えられる可能性もある。彼らに共通するのは高さで、日本は空中戦に強い植田直通を起用しても面白いかもしれない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ