【セルジオ越後】必死さが足りなかった本田は、見切りをつけられたかもしれない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年03月24日

これがワールドカップ本番だったら、日本は負けていた

久々の代表戦でアピールできなかった本田。僕の眼にはチャレンジしているようには見えなかった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ベルギー遠征の1戦目、マリと戦った日本は1-1で引き分けた。
 
 マリを“仮想セネガル”として捉えて臨んだけど、実際はセネガルよりもレベルが劣る相手に日本は勝ち切れなかった。代表デビューを飾った中島が、終了間際に三竿のアシストから代表初ゴールとなる同点弾を叩き込んだけど、これがワールドカップ本大会だったら、日本は負けていたね。

 
 前半に大島との交代で山口が入り、後半の頭からは宇賀神に代えて高徳が途中出場した。さらに60分には中島と三竿を同時に投入する。親善試合だから6人まで交代できたけど、言うまでもなく本番は3人までだ。つまり、中島と三竿のどちらかが出られないわけで、となると同点ゴールも生まれなかった可能性があるよね。
 
“仮想”と言うなら、そこまでシミュレーションしていてほしい。仮に初戦のコロンビアに負けていたら、"仮想セネガル"にも負けて、これで連敗。グループリーグ敗退が決まるシチュエーションだ。
 
 スタンドもガラガラだったね。普段はベルギーでプレーする久保や森岡が出ているにもかかわらず、だ。これが世界における日本の現在地なんだ。わざわざスタジアムに足を運びたくなるようなチームではない。お客さんを呼べる選手がいない。
 
 結局、海外ではまだまだ“無名”の存在というわけだ。実力的にもワールドカップに出られない国とのゲームでドローに持ち込むのが精一杯。現実を突きつけられたね。
 
 個々を見ても、収穫が少なかった。宇佐美、久保、大迫、小林と期待されている選手たちはパッとしなかった。ハリルが口酸っぱく言い続けてきた「デュエル」でも、日本は厳しさ、激しさが乏しかったね。よっぽどマリの選手たちのほうが、球際のしつこさがあったし、懸命に足を出してきたよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ