コートジボワール 対 ボスニア戦に見る 日本代表の初戦勝利のポイント

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2014年06月02日

ゾコラのアンカー起用を決断か。

ドログバ(中央)をはじめ、圧倒的なパワーとスピードを誇る攻撃陣は、どのチームにも脅威となる。 (C) Getty Images

画像を見る

 ワールドカップで日本と対戦するコートジボワール代表は、5月30日にアメリカのセントルイスでボスニア・ヘルツェゴビナとテストマッチを戦った。彼らにとっては “仮想ギリシャ”ということになるが、試合はボスニア・ヘルツェゴビナが主導権を握る展開となり、SBとCBのミスから相手エースのエディン・ゼコに2得点を許し、1-2で敗れた。
 
 ディディエ・ドログバが直接FKからのゴールで一矢報いたものの、チームとしてはお粗末な内容だった。ただ、移動の疲れは明らかで、怪我から回復途上のトゥーレ・ヤヤとマラリアに感染したコロ・トゥーレは欠場。ジェルビーニョも温存して終わったことを考えれば、今回の結果を以ってコートジボワールというチームのすべてを評価するのは無理がある。
 
 この試合までに、サブリ・ラムシ監督は28人を候補に残しており、戦力として計算できる選手のコンディションをチェックしながら、当落線上にある選手を見極める判断材料としたはずだ。最終メンバーを発表したのち、6月5日にはエル・サルバドルと本番前のテストマッチを予定しており、ラムシ監督もここで最終確認をする方針を明かしている。
 
 ボスニア・ヘルツェゴビナ戦は、4-4-2でスタートし、後半は4-1-4-1を使ったが、本来は3年連続アフリカMVPのトゥーレ・ヤヤがトップ下に入った4-2-3-1で、この大黒柱を欠く場合は、今回のようにシステムの変更で対応することになる。
 
 アフリカ予選でCBだったディディエ・ゾコラをアンカー起用は、ラムシ監督の大きな決断だった。コートジボワールは高い攻撃力を誇る反面、前掛かりになって攻守のバランスを崩してしまう傾向がある。故障明けのスレイマヌ・バンバの復調を信じ、経験が豊富でバランス感覚に優れるゾコラを中盤で起用する基本方針を固めたのだろう。
【関連記事】
ブラジルW杯 日本戦の開催都市を巡る|レシフェ(6.14コートジボワール戦)
【スタイル分析】強力な個性を組織の中でコントロール|コートジボワール
GROUP C 日程・結果
【週刊サッカーダイジェストの目】中盤の新たな軸が誕生か――山口蛍がフル出場した理由
週刊サッカーダイジェスト編集部・日本代表担当によるW杯シミュレーション

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ