• トップ
  • ニュース一覧
  • 17歳の中村敬斗、菅原由勢らの抜擢に透けて見える“良いものを早く世に出そうという冒険心”

17歳の中村敬斗、菅原由勢らの抜擢に透けて見える“良いものを早く世に出そうという冒険心”

カテゴリ:Jリーグ

加部 究

2018年03月12日

ダ・ゾーンマネーで各クラブが「本気」で補強に乗り出したという見解もあるが……。

J1開幕節のG大阪対名古屋では10代の若手タレントが3名出場。中村敬斗(38番)、菅原由勢(41番)は、ともに新高校3年生となる17歳だ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 平昌五輪のスノーボードが痛快だったのは、誰も安全策を採らなかったからだ。男子ビッグエアで予選をトップ通過したマーク・マクモルス(カナダ)は、最初に4回転半の大技に挑み転倒したのに、2度目も同じ技に挑み脱落した。同じく優勝候補のマックス・パロット(カナダ)も、最終試技で難易度を落とせばメダルは可能だったのに、あえて5回転に挑んだ。この種目は3度の試技で上位2度の合計点を競うのだが、女子で2度とも着地に成功したのはふたりだけだった。新しい競技なので駆け引きが未成熟という見方もあるかもしれないが、極端な結果至上に走らず、全員が自分の最善を出し切ろうとする価値観が新鮮だった。
 
 ブラジル帰りの知人からメールが届いた。
 
「日本のサッカーは、すぐに後ろに下げる安全なボール回しばかりでつまらない。Jリーグ経験のあるブラジル人の監督に話したら、私もそう思う、と言っていました」
 
 チームを勝たせたい大人が子どもたちの「ミスする権利」と「チャレンジ精神」をはく奪しているという指摘は、多方面から散々耳にする。その反動なのか、窮屈な部活からドロップアウトした子に限って、遊びのミニゲームでボールを離さない。
 
 もっとも安全策に偏るのは、必ずしもピッチ上ばかりではなさそうだ。今年のJクラブの戦力補強を見渡して、鮮度の低さに愕然とした。ダ・ゾーンマネーが入り、各クラブが本気で補強に乗り出したとの見解もあるが、実はこの「本気」が曲者だ。
 
 確かにレアル・マドリーやバイエルンなどキャリアの終着点になるクラブを見れば、即戦力の高額補強が目立つ。ただしこうしたクラブでも常に代謝は繰り返しているし、ビッグネームでも少しでも期待を裏切ればユニホームを脱いでいく。逆に強化責任者は、絶えず若くて伸びしろのある素材に目を光らせている。
 
 ところが大半のJクラブの「本気」は、計算のできる選手の補強ばかりに傾いているように映る。J1の開幕戦のベンチ入り18人の平均年齢は、概算で27.2歳。さらに怖しいのはJ2の平均も、ほとんど変わらないことだ。
 
【関連記事】
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
6人の高校生プレーヤーがJ開幕戦で好アピール! その活躍ぶりは?
才能だけで久保建英は生まれない。元バルサ育成指導者が日本の状況に覚えた違和感とは
【ガンバ革新】高校2年生の大器、中村敬斗はなぜ浪速の雄を選んだのか
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
驚異の17歳!G大阪の中村敬斗が鹿島相手に圧巻プレー!45分間に見た可能性とチーム内の序列

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ