【移籍市場超速報】ドルトムント、インモービレ獲得へ前進。R・マドリーはイトゥルベについて会談

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年05月29日

1800万ユーロから多少の上乗せで。

カイロ会長が態度を軟化させ、インモービレのドルトムント移籍交渉に進展。 (C) Getty Images

画像を見る

【トリノ】インモービレの売却についてカイロ会長の態度が軟化
 
 ドルトムントから1800万ユーロ(約25億2000万円)で買い取りオファーがあったセリエA得点王チーロ・インモービレ(ユベントスとトリノの共同保有)に関して、金額が低過ぎるとして話し合いに応じない姿勢を見せていたトリノのウルバーノ・カイロ会長は、ここにきて態度が軟化しつつある。
 
 ユベントスとのコンタクトの頻度が高まっているという事実からも、何らかの解決策を見出そうという姿勢がうかがえる。ドルトムントのオファーは1800万ユーロで止まっているが、多少の上乗せでポジティブな返事を引き出せる空気が醸成されてきた。
 
 インモービレ自身はドルトムント行きを強く望んでおり、トリノ、ユベントス、ドルトムントという三者の駆け引きにも終着点が見えてきた印象だ。
 
【ヴェローナ】R・マドリーとイトゥルベについて会談
 
 当コラムで既報の通り、ポルトからファン・マヌエル・イトゥルベの保有権を買い取ったヴェローナのセアン・ソリアーノSDは5月28日、マドリードを訪れてレアル・マドリーと会談、代理人のグスタボ・マスカルディもそこに同席して、イトゥルベ移籍の可能性について話し合った。
 
【インテル】中盤にベーラミ、サイドはシケイラがターゲット
 
 エリック・トヒル新会長の下で新たなスタートを切るべく、チームの刷新に取り組んでいるインテル。中盤のターゲットとしてもっともホットな名前が、ヴァロン・ベーラミ(ナポリ)だ。かつてワルテル・マッザーリ監督によってサイドハーフからセンターハーフにコンバートされて新境地を開いたスイス代表MFは、インテルの中盤にインテンシティーと運動量をもたらす打ってつけの人材だ。
 
 一方サイドハーフ/ウイングバックは、ベンフィカの左SBギリェルメ・シケイラの名前が挙がっている。保有権はウディネーゼのオーナー、ポッツォ家の傘下にあるスペインのグラナダにあり、ベンフィカが買い取りオプションを持っている。ベンフィカがこれを行使するようだと話は難しくなる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ