クアドラードとイトゥルベ 移籍市場を賑わす新進気鋭の最新動向

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年05月26日

本人もメガクラブへのステップアップを目論む。

スピードと突破力でセリエAを席巻したクアドラードはコロンビア代表の主軸でもあり、W杯では日本の手強い敵となる。 (C) Getty Images

画像を見る

 セリエAでプレーする新進気鋭のアタッカーで、今夏の移籍市場の注目銘柄、フィオレンティーナのファン・ギジェルモ・クアドラードとヴェローナのファン・マヌエル・イトゥルベの最新動向をお伝えしよう。
 
ファン・ギジェルモ・クアドラード
フィオレンティーナとウディネーゼが協議のうえ売却へ
 
 そのスピードと突破力で今シーズンの躍進を牽引したファン・ギジェルモ・クアドラードについて、フィオレンティーナは共同保有権を持つウディネーゼと協議を進めている。
 
 もっとも可能性の高いソリューションは、両クラブが合意の上でメガクラブに売却するというもの。クアドラード自身、この機会を逃さず有利な条件でメガクラブにステップアップしたいと目論んでおり、その意向も汲んで三者全員がハッピーになる落としどころを探ろうという方向だ。
 
 すでに噂に上っているバルセロナとバイエルンに加えて、アーセナル、そしてチェルシーも獲得に興味を示しており、売却先には事欠かない。フィオレンティーナとウディネーゼは手ぐすね引いて正式なオファーを待っている状況だ。

R・マドリーとの交渉に割り込もうとしているのがバルサ。イトゥルベをめぐって「クラシコ」が勃発か。 (C) Getty Images

画像を見る

ファン・マヌエル・イトゥルベ
争奪戦はR・マドリーとバルサの「クラシコ」か
 
 ヴェローナは5月25日、かねてから懸案だったファン・マヌエル・イトゥルベの保有権をポルトから1500万ユーロ(約21億円)で獲得した。
 
 とはいえ、来シーズンもヴェローナでプレーを続ける可能性はゼロに近い。すでに28日にはソリアーノSDがマドリードに飛んでレアル・マドリーとの売却交渉に臨む予定になっており、さらにバルセロナもそこに割り込もうと目論んでいる。イタリアでもローマ、ナポリが興味を示しているが、スペイン勢に後れを取っているのが現状だ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
【関連記事】
バルセロナ プジョールの後釜はパリSGの逸材マルキーニョスか
バルセロナ プジョールの後釜はパリSGの逸材マルキーニョスか
マンチェスター・シティが中盤強化へ ポルトのフェルナンド獲得交渉が大詰め
【移籍市場超速報】バルサとユーベがクアドラードに興味
【移籍市場超速報】シャキリにユーベは「NO」、イトゥルベはR・マドリーと基本合意

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ