【セルジオ越後】王者フロンターレの不調は想定内。新シーズンも横綱相撲をできるチームはいない

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2018年02月23日

フロンターレは不甲斐ないスタートに。

ACLとゼロックス・スーパーカップで3連敗を喫した川崎。昨季の王者は調子を取り戻せるのか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ACLはすでにグループステージの2節までを消化したが、昨年のリーグ王者であるフロンターレはまさかの連敗スタートとなった。ゼロックス・スーパーカップ(C大阪に2-3で敗戦)を含めれば公式3連敗と不甲斐ない船出だ。
 
 チャンピオンとして臨む初めてのシーズンなだけにプレッシャーがあるだろうし、例年よりも早い(ゼロックス・スーパーカップは2月10日に開催)始動を強いられたことで、コンディション作りも万全ではないのだろう。現に中村らキーマンは精彩を欠いている。
 
 FC東京から復帰した大久保もフィットできていないね。ゼロックス・スーパーカップではゴールを奪ったが消えている時間が長い。FC東京時代の不調をいまだに引きずっている印象だ。彼をチームにどう組み込むのか。鬼木監督は大いに頭を悩ませているんじゃないかな。昨年のようなパスワークは見られないし、攻撃面は早急に改善する必要があるよ。
 
 それにキャンプから気になっていたけど失点も多い。元々、攻撃面に特長のあるチームだからある程度の被弾は覚悟しているのかもしれないが、3試合で5失点は問題だ。攻守の歯車が噛み合っておらず、王者らしからぬ不安なシーズンインとなっている。
 
 もっとも振り返れば、昨年もシーズンを通じて安定した力を発揮できたわけではなかった。最終節で首位のアントラーズが引き分けてくれたからこそ、逆転で悲願のリーグタイトルを獲得できたが、波があった。優勝したからといって、すぐに常勝クラブの仲間入りができるわけではないし、この苦戦は想定できたことでもある。一度エンジンがかかれば、昨年のような爆発力のある攻撃を見せられそうだが、このままズルズルいってしまう可能性だってあるよ。
 
 一方、調子が良いのがセレッソだ。ユン・ジョンファン監督の下でまとまった戦いができているし、新戦力の高木やヤン・ドンヒョンのパフォーマンスも悪くない。中軸である山口、杉本も軽快な動きを見せている。だが、運動量が求められるサッカーなだけに、この勢いがどこまで続くのかは疑問だ。ACLを含めてハードスケジュールを強いられるし、息切れする時期は来るんじゃないかな。
 
 昨年、フロンターレに逆転優勝を許したアントラーズはACLで1勝1分と、まずまずのスタートを切った。ただし、内田らを加えた最終ラインは安定しているが、前線のパワー不足は否めない。金崎、鈴木らが昨年以上の成績を残せば悲願の20冠目に手が届くかもしれないが、こちらも簡単な道のりではないだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ