【松木安太郎のJ1順位予想】主力健在のC大阪、安定感のある磐田も上位に食い込みそう。一方で広島は…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年02月22日

継続性のあるチームが上位に来るだろう

磐田は今季も中村が軸に。昨季6位から順位を上げられるか。写真:徳原隆元

画像を見る

 2月23日に、いよいよ今季のJリーグが幕を開ける。J創設25周年という節目のシーズンに栄冠を手にするのはどのチームか。Jリーグで監督、選手として活躍した解説者陣に今季の順位を予想してもらった。
●松木安太郎(元V川崎監督ほか)
 監督も変わらず、継続性のあるチームが上位に来るだろう。優勝を経験して今までの重圧から解放された川崎が連覇する可能性は十分。主力が健在のC大阪、安定感のある磐田も上位に食い込みそう。一方で体制がガラリと変わった広島は苦戦を強いられるかもしれない。
 
[順位予想]
1位 川崎
2位 浦和
3位 鹿島
―▲ACL出場圏内―
4位 C大阪
5位 磐田
6位 神戸
7位 G大阪
8位 名古屋
9位 FC東京
10位 柏
11位 横浜
12位 仙台
13位 湘南
14位 長崎
15位 札幌
-▼J1参入プレーオフ出場圏内-
16位 清水
-▼自動降格圏内―
17位 広島
18位 鳥栖

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ