J1&J2優勝監督が手腕の一端を明かす!「言い過ぎやめたら良くなった」「悪い時ほど具体的に」

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2018年02月16日

曺貴裁監督が挙げた「良い選手の条件」とは?

キックオフカンファレンス終了後に行なわれたトークイベントで、川崎の鬼木監督と湘南の曺監督が対談。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月15日、昨季のJ1を優勝した川崎フロンターレの鬼木達監督とJ2優勝の湘南ベルマーレ・曺貴裁監督、さらに日本代表コーチの手倉森誠氏を招き「名将は、かく語りき~J1・J2優勝監督対談~」というイベントが、中西哲生さんの司会のもと、都内で行なわれた。
 
 イベントのテーマは「名将は、いかにして生まれるのか」というもの。J1とJ2で優勝した両監督に、実際の采配を例示してもらいつつ進行したイベントは、プロサッカー監督論について深掘りする内容となった。
 
 司会の中西さんが冒頭にまず問いかけたのが、J1を優勝するまでに至るポイントだった。この問いに対し、鬼木達監督は「ポイントはいっぱいある」としつつ、「最終的にはチームが、我慢強く戦えたこと。戦うこと、走る、という原点のところを最後まで貫けた」ことが大きかったと述べる。
 
 また、湘南の曺貴裁監督は川崎の優勝について「(中村)憲剛が優勝して泣く5分くらい前から見ていました。キャプテンを渡し合った(小林)悠と憲剛が号泣してね、良かったと思います」と発言。「優勝するかも、とは思ってました」と話すと、その理由として「オニは嘘がない。選手に対してもそう。そういうものが最後に微笑むんじゃないかなと思っていました」と述べ、川崎の優勝を祝福していた。
 
 曺貴裁監督はいい選手の条件として「サッカーが好きじゃないとダメ」だと持論を展開。「憲剛もそういうところがあるが、うちの選手は物足りない。もう少し好きになってほしい」と言葉を続けた。
 
 この発言に反応したのが鬼木監督。
「曺さんが凄すぎるんですよ(笑)」と返し、場内を沸かせた。
 
 選手との接し方については、細部にまでこだわる曺監督に対し、その時々のフィーリングで対応しているとの鬼木監督とで違いが出た。
 
 あまり良くなかったシーズン序盤は言い過ぎていたという曺監督は「良かったら良かったと、シンプルに褒めたら良くなった。だから(言い過ぎをやめた)夏以降で良くなった」と話す。
 
 対する鬼木監督は「自分のフィーリングで、最後は直感で」と話しつつ、「強く言わなきゃ変わらないと思ったら言う。悪い状況で悪いのは選手たちも分かっているので、より具体的にしっかり言ったほうが良い。冷静に。そしたら選手たちも冷静になる」と述べていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ