Jリーグ挑戦もありうる!? 英紙が”無所属”のスタープレーヤーたちを特集

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月08日

性格に難があるが経験豊富な元フランス代表。

ナスリ(左)やアンデルソン(右)のような欧州トップリーグで活躍した選手たちの実力は、いまだ落ちていないはずだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 今冬の移籍市場は、例年以上に大物が動きを見せて活況を呈した。
 
 サウサンプトンから8000万ユーロ(約108億円)でフィルジル・ファン・ダイクがリバプールへ移籍したのに始まり、そのリバプールからバルセロナに1億2000万ユーロ(約156億円)で加わったフィリッペ・コウチーニョらが市場の序盤を盛り上げた。
 
 市場の終盤には、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドの間でヘンリク・ムヒタリアンとアレクシス・サンチェスの大型トレードが成立。さらに最終日には、ピエール=エメリク・オーバメヤン(→アーセナル)、オリビエ・ジルー(→チェルシー)、ミチ・バチュアイ(→ドルトムント)の「玉突き移籍」が成立するなど、約1か月の間、話題は尽きなかった。
 
 その一方で新たな契約先を見つけられず、無所属のままマーケットの閉幕を迎えた選手たちもいる。英紙『Mirror』は、その中でも実績のある選手たちをピックアップし、寸評とともに紹介している。
 
――◆―――◆――
 
サミア・ナスリ(元フランス代表MF/30歳)
 昨夏にトルコ1部のアンタルヤスポルと2年契約を結ぶも、今年1月31日にそれを破棄。新天地を模索するも、見つけることはできなかった。やや性格に難があるが、アーセナルとマンチェスター・シティでプレミアリーグを優勝するなど経験は豊富。
 
アレクサンドル・ソング(元カメルーン代表MF/30歳)
 アーセナルやチャールトン、ウェストハムなどを渡り歩いた30歳の守備的MFは、10年間に渡ってイングランド・サッカー界で活躍した。彼もまた、この冬にロシア(ルビン・カザン)を自ら離れた。
 
アンデルソン(元ブラジル代表MF/29歳)
 元マンチェスター・ユナイテッドの突貫小僧も、この1月にブラジルのインテルナシオナウを解雇。太り過ぎる体質は心配だが、まだ29歳だけに期待はできる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ