「プラチナ世代って騒がれたけど…」小島秀仁が振り返る浦和時代の後悔と愛媛での日々

カテゴリ:Jリーグ

佐藤亮太

2018年01月17日

「周りが見えてくると、点も取れるようになった」

千葉のトレーニングウェアに身を包んで練習を行なう小島。新天地でのプレシーズンが始まった。写真●佐藤亮太

画像を見る

 1月15日。陽が暮れかける午後4時半。J2ジェフ千葉の練習場・ユナイテッドパークにはJ2愛媛FCから加入したMF小島秀仁がいた。
 
 サーキットメニューなど、約2時間のメニューをこなすなか、小島のある変化に気付いた。数人の選手が関わりながら、ボールを動かすパス練習の際の動き。弓を射るようにパスを出しては、即座に味方からのリターンをすっと収める。何気ない一連の動きは、確実に以前と違っている。
 
「ただ止まってボールを受けたり、ボールを出しただけで終わりにせず、常に動きながらプレーすること。ここを意識している」
そう小島は答えた。
 
――◆――◆――
 
「いくつかオファーがあるなか、千葉が一番、早く声をかけてくれた」
 1月7日に行なわれたジェフ千葉の新体制会見。J1昇格の戦力として千葉に迎えられた自信とやる気に小島は満ちていた。
 
 2009年のU-17ワールドカップに出場し“プラチナ世代”と呼ばれた小島は、2011年に前橋育英高からJ1の浦和レッズに加入。14年1月、当時J1の徳島ヴォルティスに期限付き移籍し、翌15年に浦和に復帰したものの、同じ年の7月にJ2愛媛FCに完全移籍。そして今季、千葉の一員となった。
 
 今回の移籍は愛媛FCでの日々が評価されたことは間違いない。
 
 小島は愛媛に加入した15年7月から17年シーズン終了までリーグ94試合に出場。さらに、昨季はキャプテンに就任したことで、プロとしても人としても大きく成長できた。
 
「チームのために何ができるか、考えるようになった。すると周りが見えてくると、点も取れるようになった。試合中、どの選手がどこにいるのか、感覚的配置も分かるようになった」
 
 この姿に愛媛のチームメイトであり、かつて浦和に所属したMF小池純輝は「口数が少なく、プレーで引っ張るタイプ。それは昨年、ボランチながら6点取れたことにも表われている。年齢的にも中堅なので先輩の様子を見ながら、うまくまとめていた」と語った。
 
 これに小島は「逆に年上の選手からは“いま雰囲気が悪いから練習前に集まって話し合ったほうが良い”と教えてくれて、いろんなことを学べた」とずいぶん助けられたようだ。
 
 実績。役割。振る舞い――。カテゴリー、成績に関係なく、必ず誰かが見てくれる、そう思わせる千葉への移籍となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ