【選手権】大会No1ストライカー安藤瑞季が「負けたくない」と対抗心を燃やすライバルの存在

カテゴリ:高校・ユース・その他

高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト)

2018年01月02日

「あの形は狙い通りでした」

狙い澄ましたミドルシュートをネットに突き刺し、値千金の先制点をもたらした安藤瑞季。得点以外でも確度の高いポストワークでチームの勝利に貢献した。写真:田中研二

画像を見る

[高校サッカー選手権2回戦]長崎総科大附 2-1 高川学園/1月2日/オリプリ
 
「大会ナンバーワンのストライカー」
 
 そう呼ばれる所以を見せつけたのが、0-0で迎えた前半32分だった。敵陣のペナルティエリア手前でパスを受けた長崎総科大附の安藤瑞季(3年)が右足を一閃。弾丸のようなミドルシュートはGKの手前でワンバンドしてゴール右隅に突き刺さった。
 
 立ち上がりは押され気味だった長崎総科大附は、セレッソ大阪入りが内定しているこのエースの一撃で勢いに乗り、3分後には岩本蓮太(3年)がロングスローのこぼれ球を押し込んで追加点をマーク。2点をリードした後半は高川学園の猛攻に苦しめられたものの、反撃を1点に抑え込んで2回戦突破を決めた。
 
 最大の殊勲者は、やはり値千金の先制点を決めた安藤だろう。この試合では決定機に恵まれなかったものの、きっちりとチャンスをものにしてみせた。
 
「厳しくマークされるのは分かっていたので、遠い距離からでも(ゴールを)狙おうっていうのはずっと考えていました。あの形は狙い通りでした」
 
 そう振り返る安藤にとって、3回戦は特別な舞台になるはずだ。対戦相手は、U-18日本代表のチームメイトで、ヴィッセル神戸入りが内定している郷家友太擁する青森山田。本人は対抗心を隠そうとしない。
 
「友太とは、代表で一緒に活動したなかで生まれた絆がある。だからこそ、負けたくない。その思いは強いですね」
 
 ライバルとの直接対決を制し、チームを史上初となるベスト8に導けるか。安藤のパフォーマンスから目が離せない。
 
取材・文●高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ