【選手権】高校No1ストライカー安藤瑞季はなぜ、セレッソ大阪行きを決めたのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2017年12月29日

ユン監督からは「一緒に上を見て頑張っていこう」と

飛び級でU-20日本代表に選ばれるなど、今季の安藤は高校サッカー界で圧倒的な存在感を示してきた。写真・安藤隆人

画像を見る

 ビッグトーナメントの開幕を目前に控え、俄然注目を集めているのが長崎総科大附のU-20日本代表FW、安藤瑞季(3年)だ。この世代のNo1ストライカーである。
 
 屈強なフィジカルとスピード、正確なボールコントロールとシャープなスイングからのシュート。高校生離れしたパワーと技でゴールを量産する獰猛なハンターは、12月30日から開幕する第96回全国高校サッカー選手権での活躍が期待されている。

 大会の注目選手が次々とプロ入りや大学進学を決めていくなかで、安藤の進路はなかなか確定しなかった。そして12月27日、ついにその日を迎える。ベガルタ仙台、FC東京なども獲得に名乗りを上げるなか、来春のセレッソ大阪入りが発表されたのだ。
 
「セレッソは本当に大きなクラブで、来年から『桜』を背負うと考えると、いまからワクワクしています。あの方々と一緒にサッカーをできることが誇りですし、僕自身、もっと自分のカラーを出していけるように努力したい」

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 歴代応援マネージャーを一挙公開!
 
 FW杉本健勇、MF山口螢、清武弘嗣、柿谷曜一朗などを擁する、Jリーグ屈指のタレント集団だ。今季のJリーグでは3位に食い込み、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得、ルヴァンカップでは史上初のタイトルを手にしてクラブの歴史を塗り替えた。
 
「やっぱり一人ひとりがものすごく巧いですよね。曜一朗さん、清武さんがいて、健勇さんは本当に強くて巧いし、螢さん、ソウザさん、マテイ・ヨニッチさんもいて、本当にすごい選手が揃っている。基礎がしっかりしていて、攻撃では手数を掛けずにやり切れる一方で、時間と人数をかけてじっくり崩すこともできる。今年これだけ勝利を掴んでいるのは、ユン・ジョンファン監督の手腕だと思う」
 
 練習参加をした際、周囲のレベルの高さを感じた安藤。そのなかでセレッソ入りの決め手となったのは、ユン監督、強化部の人びとの熱意を肌で感じ取ったからだと言う。
 
「スカウトの方が本当に熱心に試合を観に来てくれて、ユン監督からは『一緒に上を見て頑張っていこう』と言われました。本当に刺激になりましたし、『ここで頑張るしかない』と思いました。来年からはユン監督のサッカーから伝わる熱い想いを感じながらプレーしたい」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ