【選手権】編集部が厳選!この冬ブレイク必至の逸材図鑑30~FW編

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2017年12月26日

個性派揃いのFW陣。柏育ちの点取り屋など逸材が目白押しだ。

抜群の得点感覚と動き出しの鋭さでゴールを狙う中村。青森山田の連覇達成にはエースの一撃が必要だ。

画像を見る

長崎総科大附の安藤は飛び級でU-20日本代表に招集された点取り屋。最後の冬に爆発し、プロ入りを掴めるか。

画像を見る

 年末年始の風物詩、高校選手権が12月30日に開幕する。来年1月8日に行なわれる決勝に勝ち残り、凱歌を響かせるのは果たしてどこか。日本一を目指す48代表の熱き戦いから目が離せない。

 一方で彼らは東京五輪世代でもある。今大会の活躍次第では、3年後の檜舞台を目指すチームに抜擢されるのも夢ではない。例え、優勝ができなかったとしても存在感を示せば、チャンスは大いに広がるはずだ。今回は冬の主役になりうるであろう、逸材候補たちを3回に分けて紹介する。まずはFW編だ。

 U-18日本代表候補で今春に柏U-18から電撃移籍を果たした青森山田の中村駿太や、U-20日本代表歴を持ち、高校No1ストライカーとの呼び声も高い長崎総科大附の安藤瑞季。その他にも強烈なストロングポイント持った点取り屋が顔を揃える。誰が大会のメインキャストになっても、おかしくはない逸材ばかりだ。

【PHOTO】編集部が厳選!選手権でブレイク必至の逸材図鑑30~FW編

【高校サッカーダイジェスト厳選/高校選手権必見タレント】
Part.1 FW編


FILE1
中村駿太

なかむら・しゅんた
青森山田(青森)/3年/モンテディオ山形入団内定
柏U-18のエースとして活躍していたFWがさらなる進化を求めて、2017年3月に青森山田に加入。最初で最後となる選手権では、持ち前のゴール嗅覚を働かせ、チームの2連覇に尽力したい。J2山形への加入が内定済だ。
 
FILE2
圓道将良

えんどう・まさよし
旭川実(北海道)/3年
前回大会でインパクトを残していた快足FW。今夏のインターハイでブレイクを果たし、大会後にはU-18代表候補に初選出された。DFを一瞬で置き去りにするドリブルからゴールを決め、チームを目標の4強まで導きたい。
 
FILE3
佐相壱明

さそう・かずあき
昌平(埼玉)/3年/大宮アルディージャ入団内定
いわばプロテストの練習参加で好印象を残し、大宮から内定を獲得。鋭いターンからゴールへ向かう動きと正確なシュートに定評があり、本人は「自分の得点でチームを勝たせるのが一番なので、点を取りたい」と抱負を述べる。
 
FILE4
安藤瑞季

あんどう・みずき
長崎総科大附(長崎)/3年
アピールポイントは「ゴールです」と言い切る最も注目のストライカー。ひたむきにボールを追い、ゴールへ突き進む姿は観る者に鮮烈な印象を与える。高校生離れしたボディコンタクトに加え、足下の器用さも大きな魅力。
 
FILE5
佐藤颯汰

さとう・そうた
日章学園(宮崎)/3年/ギラヴァンツ北九州入団内定
1年時からボール回しの中核を担い、全国の舞台を踏んできた南国のMFは今年、FWにコンバートされてから新たな才能を開花させた。現在は速さと技術を併せ持つ危険な点取り屋として鳴らす。J3の北九州入りが内定。

【関連記事】
なぜ東福岡は伝説の3冠を達成できたのか…名将・志波芳則に問う(前編)
いざ、38回目の選手権へ…名伯楽、小嶺忠敏のイズムと真髄(後編)
【選手権】編集部が厳選!この冬ブレイク必至の逸材図鑑30~MF編
【選手権】編集部が厳選!この冬ブレイク必至の逸材図鑑30~DF・GK編
【高円宮杯】中村駿太が明かした電撃移籍の真相。「このままじゃトップに上がれない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ