日本を救った中村航輔は、川島永嗣の背中にどこまで迫れるのか

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2017年12月11日

インスタントチームの日本が苦戦するのは当然だった。

GK中村は好プレーを披露。再三のファインセーブでピンチをしのいだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1、2回だけなら個人のひらめきか。しかし、2回も3回も、4回も5回も続いたら、チーム戦術と考えるしかない。
 
 北朝鮮のGKリ・ミョングクは、キャッチしたボールを全部高く蹴り上げ、宇宙開発のような配球を続けた。前線に人数が揃っていなくても、お構いなし。ほぼ全部蹴った。日本が帰陣する前に。
 
 一般的にGKからの配球は、グラウンダーか、距離が長ければライナーで届けるのがセオリーだ。そのほうが味方にとって受けやすい。そういう意味では北朝鮮のGKは、最低の配球ばかり。しかし、受けづらいボールは、クリアしづらいボールでもある。このボールの滞空時間を利用し、北朝鮮は1トップと分断されている中盤が駆け上がって行く。コーチングエリアに目を移すと、ヨルン・アンデルセン監督は腕を振り回す。まるで長打が出た時の三塁コーチャーのよう。つまり得点チャンス、と捉えているわけだ。
 
 アンデルセン監督は“日本の弱点”についてコメントを控えたが、推測はできる。空中戦の技術が低いこと、不規則なボールの処理を失敗しやすいこと、こぼれ球に対して中盤のプレスバックが遅れること。GKの配球に限らず、セットプレーやサイド攻撃でも、北朝鮮はフィフティ・フィフティのボールを蹴り、こぼれ球に対してポジションを取る。特にコーナーキック後のカウンター、あるいはサイドチェンジに対する競り合いなど、日本のサイドバックが競り合う局面では、より危険が大きかった。
 
「平日に1日2回トレーニングできる契約を結んだ」とアンデルセン監督が語るように、北朝鮮は攻守の連係が良く、対策も整理されていた。インスタントチームの日本が苦戦するのも無理はない。
 
 難しい試合だった。日本を救ったのは、間違いなくGK中村航輔だ。
 
 25分にフリーキックからワンタッチシュートを打たれた場面のローリング・セーブを皮切りに、69分にはヘディングシュートをダイビング・セーブ。83分にも、裏へ飛び出されてのワンタッチシュートを止めた。GKは結果を変えられるポジション。中村は日本の結果を変えた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ