【セルジオ越後】一番目立ったのは北朝鮮の応援団… ハリルは自分もサバイバルの一員なのを自覚すべき!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月10日

中村のパフォーマンスは特筆に値するもの。

中村の好守に幾度となく救われた日本。勝つには勝ったが、内容が乏しかったのは否めない。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

[E-1選手権]日本 1-0 北朝鮮/12月9日/味の素スタジアム 

 北朝鮮とのE-1選手権初戦は劇的な展開で日本が勝利したね。GK中村航輔の再三のビッグセーブでピンチを耐え凌いで、最後の最後で井手口陽介が劇的な決勝ミドルを突き刺した。大会の初戦をドラマチックな勝利で飾ることができた。マスコミ的には、またとないオイシイ展開になったようだね。

 
 もちろん、ちょっとサッカーを知っている人なら、誰もが見るべきものがない貧しい試合内容だったことは分かるだろう。むしろ、北朝鮮の方がアグレッシブなプレーをしていたくらいで、よく日本は勝ったと思うよ。それくらい酷い試合だった。
 
 シュートの数も決定的なチャンスも北朝鮮に上回られて、一方で日本はゴール前に押し込むものの、決定的と言えるチャンスはさほどなかった。ラスト数秒のところで井手口が決めなかったら、何も残らない試合になるところだった。
 
 ただ、そのなかで日本にとって唯一と言っていいくらいの光明をもたらした存在だったのが、GKの中村航輔だったね。本当に中村さまさまの試合だったよ。彼のビッグセーブがなかったら、1-3で逆に負けていてもおかしくはなかった。試合は無失点で切り抜けられたものの、攻撃陣だけでなく守備陣の連係もかなりぎこちなかったから、それだけに中村のパフォーマンスは特筆に値するものだ。

【日本代表PHOTO】E-1選手権の初戦に勝利! 中村がビッグセーブ連発!! 井手口が劇的弾!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ