【W杯グループ展望|E組】ブラジルに次ぐ2位通過はタレント揃いのセルビアか

カテゴリ:国際大会

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年12月03日

“草刈り場”が見当たらないタフなグループ

グループをリードするのはブラジル(左上)で間違いなし! 対抗馬と目されるセルビア(右上)だが、監督人事の影響などが及べば、コスタリカ(左下)、スイス(右下)に脅かされる可能性も。 (C) Getty Images

画像を見る

【ロシア・ワールドカップ|グループE展望】

本命:ブラジル
(21大会連続21回目の出場)
対抗:セルビア(2大会ぶり12回目の出場)
穴:コスタリカ(2大会連続5回目の出場)
大穴:スイス(4大会連続11回目の出場)


 過酷な南米予選をぶっちぎりで首位通過したブラジルが一頭地を抜く存在であるのは間違いないものの、明らかに力が劣る“草刈り場”が見当たらないタフなグループだ。とりわけ2位争いは、熾烈を極めるだろう。
 
 ブラジルの対抗を強いて挙げるなら、マンチェスター・Uで主軸を担うマティッチをはじめ、タディッチやコラロフ、リャイッチなど各ポジションに実力者が揃うセルビアか。ミリンコビッチ=サビッチという超逸材の台頭も心強い。
 
 懸念は、本大会行きを決めた直後に断行した政権交代の影響だ。12月1日現在で正式な後任が決まっておらず、その意味では、ともに16強入りを果たした前回大会の主力がほぼ健在のスイスとコスタリカが、組織的な完成度では上回るだろう。
 
 スイスを「大穴」としたのは、いきなりブラジルと対戦する日程的なマイナスを考慮したから。仮に初戦で大敗すれば、チームの士気が一気に下がりかねない。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

【ロシアW杯】出場32か国の基本フォーメーションを一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ