【番記者通信】欧州の頂点に向かって再始動したイタリア王者|ユベントス

カテゴリ:メガクラブ

ロメオ・アグレスティ

2014年05月09日

復権への第一歩としてサイドアタッカーの補強に着手。

3連覇で通算30回目のセリエA制覇。ユベントスの次なる目標は、3回目の欧州&世界制覇だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ひとつの成功を収めたら、それはもう過去の記憶として処理する。そして次の障害や狙うべき成績に目を向け、サポーターにまた新しい感動を与えるべく努力を始める――。
 
 ユベントスとはそういうクラブだ。アントニオ・コンテ監督もその流儀に倣い、チームを国内では完璧な存在に仕上げて3連覇を達成し、また欧州の舞台に挑んでいけるような競争力を付けさせた。
 
 チャンピオンズ・リーグ(CL)制覇は、ガリレオ・フェラーリス通りのオフィスに集うクラブ幹部にとって長期的な目標であり、選手やファンも含めたすべてのユベンティーノたちにとっての夢だ。1996年にローマで行なわれた同カップの決勝で、選手として優勝の喜びを味わった(あの試合では負傷もしたが)コンテが、今度は監督の立場で、ビッグイヤー(優勝トロフィー)に手にする夢を描いていることは、いまさら言うまでもない。
 
 そのためにユベントスは、すでに来シーズンに目を向けており、CL制覇を最終目標とした栄光のサイクルを構築すべく、スタートを切ろうとしている。システムは4-3-3か4-2-3-1に変更し、その戦術を可能とするウイング探しに取りかかる。
 
 ジュセッペ・マロッタGDとファビオ・パラティチSDは、コンテの希望を叶えようと意思を固めた。選手の補強や放出のためにすべき作業は山積みで、すでにふたりの手帳のスケジュールとToDoリストは埋め尽くされている。
 
 現在、補強候補として挙げられているのは、ファン・ギジェルモ・クアドラード、アレッシオ・チェルチ、アレクシス・サンチェス、そしてナニと、サイドアタッカーばかりだ。技術面でも戦術面でも変化がもたらされるのは確実で、3年間戦い続けてきたチームに刺激を与えるうえでは必要不可欠なことだ。
 
 これらの候補選手で、現時点で獲得が確実視されているものはまだなく、クラブのプランが明るみに出るには、あと数週間を擁するだろう。ウイングを2枚獲得することは、補強戦略上のプライオリティであり、最良の選手を獲得すべく、候補者リストはまだまだ名前が増えていくはずだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ