【番記者通信】クアドラードを巡って錯綜する思惑|ユベントス

カテゴリ:メガクラブ

ロメオ・アグレスティ

2014年04月11日

コンテ監督を満足させるため、2500万ユーロを用意した。

右サイドでの豪快な仕掛けが持ち味のクアドラード。サイドが補強ポイントのユーベは、35億円相当の移籍金を用意して獲得を目論む。 (C) Alberto LINGRIA

画像を見る

「ビッグなことをしたいが、そのためにはどうするべきなのか?」
 25歳になったサッカー選手が、そう自問自答するのは当然だろう。ファン・ギジェルモ・クアドラードも、きっとそう自分に問いかけているはずだ。フィレンツェでの現状に満足しつつも、将来の見通しは不明瞭だ。

 フィオレンティーナとウディネーゼが共同保有するコロンビア代表の25歳、クアドラードは、ユベントスが獲得を目論み、ぴったりとマークしている。ただ、アーセナルやバイエルンといった国外のビッグクラブからも触手が伸びる。

 サイドが重要な補強ポイントのユーベは、クアドラードにご執心だ。アントニオ・コンテ監督を満足させるため、2500万ユーロ(約35億円)の移籍金を用意した。交渉の窓口が複数となる共同保有選手という難しさはあるが、状況はそれほど悲観的ではない。現行契約の更新について話し合いを進めるフィオレンティーナとウディネーゼが、妥結点を見出せていないからだ。

 フィオレンティーナのダニエレ・プラデSDは、クアドラードの保有権を100パーセント買い取りたい意向を持っている。ただ、本人を納得させるために多額の年俸を保証するような事態は避けたいはずだ。オファーが殺到しているクラドラードは、完全に売り手市場で、市場評価額と本人の年俸希望額が高騰している。

 ユーベは水面下ですでに動いている。ウディネーゼのオーナーであるポッツォ家と交渉を開始し、フィオレンティーナともコンタクトを取り始めた。

 育成型クラブのウディネーゼとは、複数の若手を交換条件に含むトレードで話をまとめられそうだ。ユーベがパスを持つ有望株では、ルカ・マッローネ、シモーネ・ザザ(ともにサッスオーロとの共同保有)、ダニエレ・ルガーニ(セリエBのエンポリとの共同保有)に、ウディネーゼのフランチェスコ・グイドリン監督は興味を示す。移籍金の一部に彼らの保有権を盛り込めば、交渉がスムーズに運ぶだろう。

 もっとも、同じ戦略はフィオレンティーナ相手には取れない。因縁浅からぬライバルでもあり、交渉は一筋縄ではいかないだろう。

 アーセナルとバイエルンは、代理人を通じて身分照会をしたが、まだ具体的な条件提示には至っていない。ユーベとしては、彼らの機先を制して交渉をまとめ上げてしまいたいところだが、はたして……。

【記者】
Romeo AGRESTI
ロメオ・アグレスティ
1989年トリノ生まれ。著名ジャーナリストで、『ワールドサッカーダイジェスト』誌の連載でもお馴染みのジャンカルロ・パドバンが主宰する雑誌「カルチョGP」で研鑽を積み、現在は『Goal.com』のユベントス番として密着取材。クラブの専門チャンネル『ユベントスTV』にもコメンテーターとして出演する。

【翻訳】
神尾光臣
【関連記事】
【番記者通信】4人の功労者の去就を追う|ユベントス
【番記者通信】“内弁慶”を克服するために必要なものとは?|ユベントス
【番記者通信】コンテとの“幸福な関係”は継続へ|ユベントス
【番記者通信】揺るぎないコンテの矜持|ユベントス
【移籍市場超速報】バルサとユーベがクアドラードに興味

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ