マキシ・ロペスが元妻のイカルディ夫人を告訴! 泥沼の愛憎劇に終わりなし…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月28日

元妻は「養育費逃れ」と反論

かつての仲睦まじい夫婦(写真/2012年のもの)が演じる泥沼の愛憎劇。SNSやメディアを経て、舞台はいよいよ法廷へ……。 (C) Getty Images

画像を見る

 SNSで携帯電話番号などの個人情報をシェアし、公にしたことで損害を受けたとして、ウディネーゼのマキシ・ロペスが、かつての妻であるワンダ・ナラを訴えた。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『スカイ・スポーツ』など現地メディアが報じている。

 ワンダ・ナラはM・ロペスがサンプドリアに在籍していた2013年、当時のチームメートで現在インテルに所属するマウロ・イカルディと不倫。後にM・ロペスと別れてイカルディと結婚し、今では代理人も務めている。
 
 アルゼンチン出身の3人のセレブによるドロドロの愛憎劇は、その後も定期的に世間を賑わせている。対戦時にM・ロペスがイカルディとの握手を拒否したことや、母国のレジェンドであるディエゴ・マラドーナが、イカルディを「裏切り者」として酷評し続けているのは周知の通りだ。
 
 ホルヘ・サンパオリが監督に就任してからは招集されるようになったが、それまでのイカルディは、ストライカーにとって厳しい舞台であるセリエAで結果を残しても、アルゼンチン代表に呼ばれることはなかった。そしてその原因は、M・ロペスとの一件にあるとの噂が後を絶たなかった。
 
 今回のM・ロペスの主張に対し、ワンダ・ナラは全面的に対決する姿勢だ。弁護士による声明で、「無実を示すことができると確信している」と主張。さらに、イタリアやアルゼンチンでM・ロペスを相手取った法的問題があることを指摘し、養育費が支払われていないと強調した。
 
 ワンダ・ナラ側の主張によると、M・ロペスは今年1月から養育費を支払っておらず、その総額は13万ユーロ(約1700万円)に上る。弁護士は声明で「M・ロペスの振る舞いによる唯一の犠牲者が、未成年の子どもたちとナラであるのは明白」とし、M・ロペスが養育費の支払いを免れようとしていると非難している。
 
 裁判は11月に行なわれるとのことだが、再びM・ロペス、ワンダ・ナラ、そしてイカルディのイメージダウンは免れないところ。3者を巡るゴシップに終わりはあるのだろうか。
【関連記事】
「ワールドクラスのゴラッソだ!」2戦連続弾の久保裕也に現地メディアが賛辞!
“本田圭佑のファッション”をミラン元同僚が絶賛「エレガントで完璧」
岡崎慎司をレスター新指揮官はどう使う!? 地元紙は「比類なきエナジー」とキーマンに指名
ロシアW杯の賞金総額はおよそ450億円! 日本協会はすでに11億円をゲット!
FIFAがついに認めた! 懐かしの「トヨタカップ」が晴れて公式の「世界一決定戦」に
武藤のアシストで劣勢マインツがフランクフルトとドロー! 日本人対決は実現せず
5試合で3ゴール…グリエーズマンも不調でアトレティコの得点力不足が深刻に
長友佑都の好調を伊紙が称える!「ヘマ選手から剣闘士に」「スパレッティに再生された」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ