FIFAがついに認めた! 懐かしの「トヨタカップ」が晴れて公式の「世界一決定戦」に

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月28日

オフィシャル認可の最多優勝回数はやはり“白い巨人”

前身のインターコンチネンタル杯で3回、クラブW杯で2回。レアル・マドリーの通算5回が最多優勝回数に(写真は2002年大会で来日した銀河系軍団)。(C)Getty Images

画像を見る

 FIFA(国際サッカー連盟)は10月27日、U-17ワールドカップ開催中のインド・コルカタで理事会を開き、これまで公式大会の枠組みに入っていなかった「インターコンチネンタルカップ」を、ついに「クラブ世界一決定戦」として認定した。
 
 インターコンチネンタルカップは1960年に産声を上げた。欧州のチャンピオンズカップ(現チャンピオンズ・リーグ)が56年にスタートし、遅れること4年、南米のコパ・リベルタドーレスが誕生。それを機に、クラブ王者がホーム&アウェーで戦い、世界一の座を決める大会も始まったのだ。栄えある初代チャンピオンは、ペニャロールを下したレアル・マドリーである。
 
 だが、回数を重ねるにつれて双方のファンがヒートアップし、安全・治安面に大きな不安を抱えるようになった。そこで第3国での一発勝負による開催が提案され、スポンサーにトヨタ自動車が手を上げる。新たに生まれ変わったのが「トヨタ/ヨーロッパ・サウスアメリカカップ」、いわゆる「トヨタカップ」。この名称にピンと来た方は多いだろう。
 
 1980年のナシオナルvsノッティンガム・フォレスト戦で幕を開け、2004年のポルトvsオンセ・カルダス戦まで、じつに24年間の長きに渡って日本のサッカーファンを楽しませてくれた。翌年以降はFIFAが主催するクラブワールドカップに拡大・発展し、現在に至る。
 
 今回FIFAがトヨタカップにお墨付きを与えたことで、これまで非公式だった通算優勝回数も更新された。最多5回の優勝クラブはレアル・マドリーで、ACミランが4回で続く。そして3回制覇はバルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、インデペンディエンテ、ボカ・ジュニオルス、サンパウロなどいずれ劣らぬ名門クラブが名を連ねている。
 
 ちなみに大陸別では、欧州勢が30回、南米勢が26回の優勝を飾っている。
【関連記事】
「美人パートナー」がFIFA授賞式を彩る! 堂々と“イチャつく”カップルも
ロシアW杯の賞金総額はおよそ450億円! 日本協会はすでに11億円をゲット!
“本田圭佑のファッション”をミラン元同僚が絶賛「エレガントで完璧」
なぜプロビンチャの鹿島がタイトル数で独走するのか? 戦力強化の「勝ち組と負け組」
「ネイマール特別待遇」にパリSG同僚たちが反感!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ