成熟度に違いがあった…英サッカー専門誌の熟練記者を唸らせた「新生レッズの進化」

カテゴリ:Jリーグ

マイケル・プラストウ

2017年10月19日

阿部勇樹が、いぶし銀の輝きを放っている

10年ぶりのACL決勝進出に沸く埼玉スタジアム。浦和は11月、サウジの強豪アル・ヒラルと雌雄を決する。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 浦和レッズが堀孝史監督のチームになった。上海上港とのホームゲームでそう強く印象付けられたのは、私だけではないだろう。
 
 確かに、ベースを築き上げたのはミシャ(ミハイロ・ペトロビッチ)だ。選手たちの戦術理解度を深め、長い時間をかけて重厚なチームワークを作り上げた。そこを基盤にスタートしたのが、新しいプロジェクト。当初はミシャ政権下のような中盤からの早いパス回しが見られたものの、いまでは縦に素早く繋ぐ場面が多く、状況に応じてもっとも効果的な攻撃をチョイスしているように感じる。チェンジ・オブ・ペースが巧みで、焦って無理に仕掛けることもない。上海上港とはその点で、成熟度に違いがあった。
 
 ミシャの頃では考えられないほど、ポゼッションへの拘りが薄れている。一気呵成に仕掛けた時の迫力はなかなかのもので、スピードとテクニックが高次元で融合するレッズのカウンターは対戦相手にとって脅威だ。水曜日のナイトゲームでは、その逆襲のタイミングと敵陣深くでの攻撃のアイデアが素晴らしかった。
 
 カウンターのベースとなるのは言うまでもなく、守備だ。堀監督の(3バックから)4バックへの転換が、チームに大きな安定を与えた。とくにマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた阿部勇樹が最終ラインで絶妙な動きを見せていて、玄人芸のカバーリングを披露。実に動きやすそうで、生き生きしている。対峙したエウケソンにほとんど仕事をさせず、危険なシーンにはほぼ阿部が顔を出していた。攻撃参加のタイミングも抜群で、いぶし銀の輝きを放っているのだ。
 
 レッズにとって埼玉決戦のポイントは、フッキを止めることにあった。槙野智章と青木拓矢を中心に、これを見事に封殺。戦術レベルの勝利であり、ゲームプランの勝利であったと思う。
 
 守備陣形はきわめてコンパクトで、堀監督が敷いたフォーメーションは、ゲームの最初から最後まで規律良く機能していた。選手個々のボールへのチャレンジが素早く、敵に最低限のスペースしか与えなかったのである。
 
 スタンド上段のプレス席から見ると、上海上港のフォーメーションは明らかにルーズで間延びしていた。選手一人ひとりがかなりアバウトに位置していたのに対し、レッズの選手たちはそれぞれが役割を理解して効果的に動いていた印象だ。上海上港はレッズのコンパクトなサッカーを前にして、ほぼお手上げの状態だった。

【PHOTO】R・シルバの決勝ヘッドで浦和が10年ぶりのACL決勝進出 
【関連記事】
獲得タイトルは驚愕の57個! 浦和がACL決勝で戦う「アル・ヒラル」ってどんなクラブ?
レッズに敗れて絶体絶命のピンチ! それでも上海上港・ヴィラス=ボアス監督は違約金が…
「恥ずべき敗北」「外国籍選手に頼りすぎだ」レッズに敗れた上海上港を中国メディアが糾弾!
ブラジルの至宝、オスカールが浦和レッズに感服「彼らは自信に満ち溢れていた」
【ACL採点&寸評】浦和 1-0 上海上港|MOMは決勝点のR・シルバ!無失点で耐えた守備陣も高評価
【ACL】「美しい弧を描いたCK」「巧者ぶりが光った」AFC公式サイトがレッズ会心の勝利を称える

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ